• ホーム
  • 芸能
  • 田中麗奈、美しさの秘けつはベッドシーツにあり!? ドラマ『美しき罠〜残花繚乱〜』

田中麗奈、美しさの秘けつはベッドシーツにあり!? ドラマ『美しき罠〜残花繚乱〜』

 久しぶりに民放の連続ドラマに主演する女優の田中麗奈(34)。8日スタートのTBS系『美しき罠〜残花繚乱〜』(毎週木曜 後9:00)で、不倫に終止符を打ち、別の男性との結婚に向かおうとしている34歳のOL・西田りかを演じる。

 「りかには本当に幸せになってほしいと思いながら、上がってきた台本を読むんですが、毎回、いい感じで裏切られるんですよね(笑)。不倫をしていた罰を受けるのは自業自得とはいえ、試練が次々とりかに降りかかってきて…。彼女はただ幸せになりたいだけなのに…。最終回までどうなっていくか私も楽しみです」

 りかは、父親像を求めて上司の柏木荘太(村上弘明)と不倫関係にあったが、欲張らず、純愛を信じていた。ところが荘太に裏切られ、捨てられてしまう。裏で画策したのは荘太の妻・美津子(若村麻由美)だった。それを知り、復讐を決意するも悪女になりきれないりかは、逆に周囲のさまざまな悪意に翻ろうされていく。

 30代に入ってから等身大の女性を演じるのが「面白い」という田中。「20代の恋愛はその先に『結婚したい』という憧れや喜びがあるけれど、30代になると『結婚しなきゃ』という焦りや哀愁がつきまとう。20代なら無邪気な明るさで済むところが、30代女性の明るさは、そう見えるように振る舞っていたり、何か理由があったりする。そういうことも役に出せるから面白いですよね」

 1998年、映画『がんばっていきまっしょい』の主演で女優デビュー以来、30代になってもデビュー当時から変わらない透明感のある美しさは同世代の女性の憧れ。余談ながら「毎日、新鮮な気分で過ごしたいと思って、ベッドシーツを毎日変えているんです。スッキリして気持ちいいですよ。玄関も毎日掃除して、いい気が流れるようにしています」と話していた。美しさの秘けつが少しのぞけた感じだ。

 プライベートは「とにかく平穏無事で暮らしたい。りかとは真逆ですね(笑)。だからこそ、このお仕事が楽しい。女優をできる限り続けたいと思っています。作品の中で違う人生を味わえる喜びがありますし、刺激的ですし、役を通して世界が広がり、自分を豊かにしてくれる。2015年もコツコツと真面目に努力して、自分らしく過ごしたい」とひたむきに語っていた。



関連写真

  • 毎日シーツを替える。一日一日を大切にする姿勢そのものが外見だけではない田中麗奈の魅力になる (C)ORICON NewS inc.
  • 主演ドラマ『美しき罠〜残花繚乱〜』は1月8日よりTBS系でスタート (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス