• ホーム
  • 芸能
  • 爆笑問題・太田の“博学“ぶりはいかに!?

爆笑問題・太田の“博学“ぶりはいかに!?

 お笑いコンビ爆笑問題太田光が、あす3日放送のテレビ朝日系『THE博学』新春SP(後6:30〜8:54)に“解答者”として出演する。クイズ番組では司会進行役に回ることが多い太田だが、2009年『クイズ$ミリオネア』(フジテレビ)では1000万円を獲得した績も持つ。収録後、「解答者は久々だったけど、そういうのが新鮮で面白かった。当然、優勝は狙ってかかりました!」と余裕すら見せていた太田の“博学”ぶりはいかに!?

 同番組は、博学No.1を決定するクイズバラエティー。歴史、宇宙、絵画など、多彩な分野の書物を糸口にした難問が出題され、総合的な知識力を競う。出演者たちの著書から出題されることもある。昨年9月に放送された第1弾では、高レベルの“知のバトル“が繰り広げられ、芸能界一の知識人・石坂浩二が優勝した。

 太田は多忙な仕事の合間をぬって、ジャンルを問わず年間100冊もの書籍を読む読書家として知られ、小説『マボロシの鳥』『文明の子』をはじめ、エッセイ、評論などの著書も多数ある。「いやぁ、難しかったね〜! 独特の緊張感があって、自分が解答する番が来ると、『あれ、なんだったっけ?』って一瞬、わからなくなっちゃったりして。だから、間違えると悔しいんだよね〜」と話していた。

 ほかに、ベストセラ―『女性の品格』の著者で、昭和女子大学学長の坂東眞理子氏、第1弾に続く参戦となる東京都知事・舛添要一氏、タレント&エッセイストの小島慶子、ファッションだけでなくアートや芸能にも精通するタレント・ピーコ、芸能界随一といわれる発想力を持つ千原ジュニア、京都大学出身でドラマ『相棒』シリーズでおなじみの俳優・山西惇、『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの「マネジメント」を読んだら』でミリオンセラーを記録した作家・岩崎夏海氏、元経済紙の記者で、金融、経済に精通するジャーナリスト・須田慎一郎氏、京都大学出身の音楽プロデューサー・ヒャダインが出場。MCは、前回同様、林修八木亜希子の“同い年コンビ”が担当する。



関連写真

  • 1月3日放送、テレビ朝日系『THE博学』新春SPに解答者として出演する爆笑問題の太田光(C)テレビ朝日
  • インテリクイズバトルを制するのは誰か!?(C)テレビ朝日
  • MCの(左から)八木亜希子と林修(C)テレビ朝日

オリコントピックス