• ホーム
  • 芸能
  • 『ガキ使』年越しSP、3年連続民放横並びトップ

『ガキ使』年越しSP、3年連続民放横並びトップ

 昨年の大みそかに放送された日本テレビ系『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!』の年越しスペシャル「絶対に笑ってはいけない大脱獄24時!」の平均視聴率が、第1部(後6:30〜9:00)18.7%、第2部(後9:00〜深24:30)16.0%だったことが2日、ビデオリサーチの調べでわかった(いずれも関東地区)。1部2部とも歴代最高を記録した前回(2013年)には及ばなかったが、『NHK紅白歌合戦』を除く同時間帯の民放大みそか特番では3年連続トップの視聴率を獲得した。

 シリーズ9年目となった昨年のテーマは“大脱獄”で、架空の「ガースー黒光り中央刑務所」を舞台に、囚人研修員としてダウンタウン、ココリコ、月亭方正らおなじみのガキ使メンバーが、マツコ・デラックス、蝶野正洋、板尾創路など常連ゲストに加え、バラエティーに富んだゲストが仕掛ける抱腹絶倒のトラップに耐え、時に耐え切れず、笑いを誘った。

■最近の年越しSPの視聴率
13年「絶対に笑ってはいけない地球防衛軍24時!」 第1部:19.8%、第2部:17.2%
12年「絶対に笑ってはいけない熱血教師24時」 第1部:16.8%、第2部:16.5%
11年「絶対に笑ってはいけない空港(エアポート)24時」 第1部:18.7%、第2部:16.6%



オリコントピックス