• ホーム
  • 芸能
  • 【紅白】セカオワ、4人でファンタジーなステージを実現 DJ LOVEも回復

【紅白】セカオワ、4人でファンタジーなステージを実現 DJ LOVEも回復

■『第65回紅白歌合戦』(31日、東京・NHKホール)
 人気4人組バンド・SEKAI NO OWARIが、念願の初出場。インフルエンザのため、リハーサルを欠席するなど休養していたDJ LOVEも復帰し、4人そろって「Dragon Night」を披露した。

 DJ LOVEは、26日の『ミュージックステーションスーパーライブ2014』の本番直前に公式サイトからインフルエンザによる休養が発表され、29日のリハーサルも欠席したため紅白本番への出場を心配する声があがっていたが、30日にツイッターで回復を報告。『第56回日本レコード大賞』(TBS)でも司会の安住紳一郎アナから体調を心配されると「お医者さんからもお墨付きをもらいました。ご心配をおかけしました」と答えていた。
 
 「宇宙」をテーマにしたステージでは、背景に数多くの電飾が輝き、観客たちに配られたライトも曲に合わせて色が変わるなど、バンドのコンセプト“ファンタジー”を年末の大舞台でも彼ららしく実現させた。

★☆★『第65回 NHK紅白歌合戦』関連記事☆☆★

出場歌手&歌唱順歴代の司会者&勝敗紅白関連ニュース一覧

【フォトギャラリー】リハーサルの模様出場者発表会見で初参加組が意気込み!




オリコントピックス