• ホーム
  • 芸能
  • 【紅白】『アナ雪』企画が決定 “本家エルサ”生出演で神田沙也加と日米姉妹共演

【紅白】『アナ雪』企画が決定 “本家エルサ”生出演で神田沙也加と日米姉妹共演

 NHKは25日、大みそか恒例の『第65回NHK紅白歌合戦』で、企画コーナー「みんなで歌おう!『アナと雪の女王』」を行うことを発表。また同映画で、雪の女王・エルサを演じた“本家”米ミュージカル女優、イディナ・メンゼルが生出演することも決まり、日本版で妹・アナの声を演じた神田沙也加との日米姉妹共演が実現する。

 同日は二人で、米ニューヨーク・マンハッタンの特設会場から、挿入歌「生まれてはじめて」、「レット・イット・ゴー」を披露。「生まれて〜」では、神田が日本語でアナのパートを、そしてイディナが英語でエルサを歌う日米スペシャルコラボに挑戦する。「レット〜」はNHKホールの出演歌手をはじめ視聴者と一緒に日本語で歌う企画も用意している。

 イディナは同局を通じて「今回、日本の『紅白歌合戦』に出演させていただけることとなり、大変光栄です。NHKホールにうかがうことが出来きませんが、ここニューヨークから神田沙也加さんと一緒に歌えることを楽しみにしています。もうすぐですね! 愛をこめて」とコメント。

 一方、神田は「ミュージカル観る側としても、僭越ながら演じる側としても、夢のようなプレゼントをいただいた想いで居ります。今回の『アナと雪の女王』という作品を通して、実際にイディナさんとお逢いしコラボレーションすることが出来るなんて光栄です。どうもありがとうございます」と感激の様子で「まだまだ自分には100万年早いという想いがありますが、せっかくいただいたこの大舞台を、今の私の全力で歌う事ができればと思います」と共演を喜んでいる。

 また、日本語版の「レット・イット・ゴー」を歌い、今回初出場となるMay J.は、企画コーナーではなく、25番目に登場して同曲を歌唱する。



オリコントピックス