• ホーム
  • 芸能
  • 光宗薫、声優初挑戦に不安だった「滑舌いいほうではないので…」

光宗薫、声優初挑戦に不安だった「滑舌いいほうではないので…」

 元AKBでタレントの光宗薫(21)が18日、都内で海外ドラマ『ブラックリスト シーズン2』公開アフレコを行った。1話のゲスト声優として出演した光宗は、同作で初の吹き替えに挑戦。この日アフレコを行ったが「初めてだったので、どういった心持ちでいいのか不安でした」とスタジオ入り前の心境を告白。「滑舌があまりいいほうではないので、ここが弱いねって指摘してもらって。いままでにない難しさだった」と振り返った。

【写真】その他の写真を見る


 ドラマのキーパーソンとなる、ミステリアスな女性・ローアンを演じた光宗。本番前は「乾燥しないようにと思っていた」とのどにも気を配りつつ、「一つひとつの言葉を丁寧に伝えようと意識した。滑舌はよくないので、難しいところのせりふを覚えてこれるようにした」と本番に備えたという。

 現場のスタッフによると、ミスもほとんどなくスムーズに収録を終えたといい、光宗は「きょう褒めてもらって、調子にのっています」とにっこり。「アフレコの現場は楽しくて、リラックスしてできた。またこういい機会があったら挑戦したい」と声優業に意欲をみせた。



関連写真

  • 初めてのアフレコに不安だったと明かした光宗薫 (C)ORICON NewS inc.
  • 光宗薫 (C)ORICON NewS inc.
  • 光宗薫(C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス