• ホーム
  • 芸能
  • 岡本真夜、スカートちぎれる“珍事” エスカレーター停止させ「恥ずかしかった」

岡本真夜、スカートちぎれる“珍事” エスカレーター停止させ「恥ずかしかった」

 歌手・岡本真夜が16日、自身のブログを更新。エスカレーターから降りる寸前で、ロングスカートが巻き込まれ停止させたという“珍事件”を明かしている。

 知り合いとのランチの様子をつづった岡本。だが、その帰りに事件が起こったといい、当時の様子について「エスカレーターに乗って降りる寸前になんと ロングスカートが巻き込まれてしまったー はー!!」とため息交じりに説明。

 すぐに停止ボタン押し、店員に伝えてもらい警備員が駆けつけたようだが「巻き込まれたまま座り込んで警備員さんが来るまでの間、通りすがりのお婆ちゃんに『どうしたの〜? 大丈夫〜?』って心配され大丈夫ですー! すみませーん!と答え恥ずかしかったー」と回顧。その後「警備員さんにエスカレーターを逆方向に動かしてもらってとれたんだけど」と事なきを得たようだが「これよー」と無残にもちぎれたスカートの写真を掲載した。

 最後は「怪我もないです。ま、基本前向きなんで」とつづった岡本。「でも、危ないねー。気をつけよう。うん」と自身に言い聞かせると「きっと来年がいい年になるように厄払い すこぶる前向きな人とはこういう人のことを言います エスカレーターを停止させた女、笑」と最後まで前向きなコメントでブログを結んでいる。



オリコントピックス