• ホーム
  • 芸能
  • 相武紗季、官能ミステリー主演で新境地「刺激的なシーン、すごく楽しみ」

相武紗季、官能ミステリー主演で新境地「刺激的なシーン、すごく楽しみ」

 “朝ドラ”『マッサン』での演技が話題を呼んだ女優・相武紗季が、直木賞作家・桜木紫乃の官能ミステリー『硝子の葦』の映像化に挑むことが11日、わかった。WOWOWが映画・ドラマ含めて初めて桜木作品を映像化し、来年2月21日より放送(全4話)。相武は、実母の元愛人と結婚し、元雇用主とは不倫関係にあり、誘拐事件を起こした上、焼身自殺を図るという、あまりに複雑な境遇のヒロイン・幸田節子を演じる。これまでのイメージを覆す新たな挑戦になりそうだが、相武は「なかなか演じることの出来ないような役ですし、他では挑戦出来ないような刺激的なシーンもあるので、撮影に入るのがすごく楽しみ」と話している。

 エロスに対する独自の視点から綴られる作風が多くの女性の支持を得ている桜木氏。『硝子の葦』は、直木賞受賞作『ホテルローヤル』に連なる長編ミステリーで、桜木氏の実家が過去に経営していた釧路のラブホテルを思わせる「ホテルローヤル」を中心に、女性の業と情念から生まれる犯罪を、性愛シーンを絡めながら巧みに描いた物語。

 原作には過激なシーンもあるが、相武は「どんなことが描かれていて、どんな役なんだろう、と思いながら読んだんですけど、自分が思っていた以上にすんなりと受け入れられたというか、女性として共感するところ、憧れる部分がたくさんあって、自分にオファーして下さったことに対して“うれしい”と本当に思いました」とひるむことなく臨む。

 起用理由について、同局の井上衛プロデューサーは「殺人や不倫といったイメージからもっとも遠い女優さんに演じて欲しかった。その女優さんにとってこのドラマへの出演が新たな挑戦であり、あってほしい。その女優さんの新たな代表作になってほしい。その思いを共有できる方ではないかと考えて相武さんにオファーしました」と説明。

 『マッサン』では“ヒロインいびり”が話題になり、ツンケンして気は強いが、根は優しい女性がはまり役だった相武。今作で演じる節子については、「これまでは結構、喜怒哀楽の激しい役を多くやってきていたので、感情を押し殺して進んでいくお芝居が自分の中でどう広がって、節子とリンクしていくのか、まだ想像ができない」と話す。それは決してマイナス思考からではなく、「どう演じようというよりかは、自分がどうなっちゃうんだろうと期待する部分が大きい。きっと新しい自分が見つかるだろうと思っています」と自らに期待を寄せる。

 監督は、映画『しあわせのパン』『ぶどうのなみだ』など、人の「再生」を描いた作品で高い評価を得ている三島有紀子氏。脚本はドラマ『恋愛ニート〜忘れた恋のはじめ方〜』(TBS)等で知られる永田優子氏。女性クリエーター陣によって桜木作品の世界がどう具現化されていくのかも大きな見どころのひとつだ。

 土曜オリジナルドラマ『連続ドラマW 硝子の葦〜garasu no ashi〜』は来年2月21日スタート(毎週土曜 後10:00)、全4話(第1話無料放送)。



オリコントピックス