• ホーム
  • 映画
  • 長編劇場版『パトレイバー』は「首都決戦」 首都襲撃映像解禁

長編劇場版『パトレイバー』は「首都決戦」 首都襲撃映像解禁

 人気アニメ『機動警察パトレイバー』の完全オリジナル実写化作品『THE NEXT GENERATION パトレイバー』の最終章となる長編劇場版のタイトルが『THE NEXT GENERATION パトレイバー 首都決戦』に決定し、来年5月1日より公開されることが4日、明らかになった。

 アニメ版を手掛けた押井守監督自身の監督・脚本により、最新鋭4Kカメラ撮影による高精細映像と、日本映画初となるドルビーアトモスによるド迫力サラウンド音響を擁して、現在鋭意制作中。

 20世紀末、レイバーと呼ばれる人間型ロボットの急速な普及に伴う犯罪に備え、警視庁は、警察用レイバーを擁する特車二課パトレイバー中隊を設立した。そして現在、メンバーもすっかり入れ替わった特車二課の面前に、1000万人を人質に首都・東京を蹂躙するテロリスト集団が現れる。特車二課の隊員たちはテロリストの暴挙を止めることはできるのか? 現実の国際政治上も緊張状態の続く東アジア情勢も背景に、壮大なスケールで描くロボットアクション超大作。

 映像の一部が特報として公開され、東京都庁が爆撃されるという衝撃的なシーンがあることも明らかになった。「平和が日常になった我々の上空で、見えない脅威は、その時を待っていた」と不穏なナレーションとともに始まる、熱光学迷彩をまとった武装ヘリ「グレイゴースト」の襲撃。東京を舞台にグレイゴーストとイングラムがぶつかるという今だかつてないストーリー展開となっている。シリーズにあったコミカルな要素は排除され、事態の深刻さが伝わってくる。

YouTube公式チャンネル「オリコン芸能ニュース」



オリコントピックス