• ホーム
  • 映画
  • 押井守監督『劇場版パトレイバー』、フッテージ映像が解禁

押井守監督『劇場版パトレイバー』、フッテージ映像が解禁

 都内で開催中の『第27回東京国際映画祭』(31日まで)内で初披露された『THE NEXT GENERATION パトレイバー』長編劇場版(仮)のフッテージ映像がWEBで公開された。

 アニメ『機動警察パトレイバー』シリーズを完全オリジナルで実写化するプロジェクト『THE NEXT GENERATION パトレイバー』の最終章、かつ到達点となる同作。アニメシリーズで監督を務めた押井守氏が自らメガホンをとり、脚本を書き上げ、最新鋭4Kカメラ撮影による高精細映像と日本映画初となる「ドルビーアトモス」によるサラウンド音響で、現在製作途中。

 公開されたフッテージ映像は、今年4月からイベント上映されてきた全7章のシリーズとは全く異なる緊迫感あふれるシリアスな展開がうかがえる。2体同時にデッキアップされるイングラム、長編劇場版キャストの森カンナ演じるヘリのパイロット・灰原零、また、水しぶきを上げ勢いよく迫りくるメタリックなヘリとの激しい銃撃戦。日本映画の枠におさまらない壮大なスケールで描くロボットアクション超大作に期待感が高まる。

 20世紀末、レイバーと呼ばれる人間型ロボットの急速な普及に伴う犯罪に備え、警視庁は警察用レイバーを擁する特車二課パトレイバー中隊を設立。そして現在、メンバーもすっかり入れ替わった同課の前に、1000万人を人質に首都・東京を蹂躙(じゅうりん)するテロリスト集団が現れる。同課の隊員たちはテロリストの暴挙を止めることはできるのか? 劇場版は、来年のゴールデンウイークごろに全国拡大公開予定。

YouTube公式チャンネル「オリコン芸能ニュース」



関連写真

  • 『THE NEXT GENERATION パトレイバー』長編劇場版場面写真が公開。青空のもと2体のイングラムの視線の先には何があるのか(C)2015HEADGEAR/「THE NEXT GENERATION ?PATLABOR-」製作委員会
  • 長編劇場版キャストの森カンナ演じるヘリのパイロット灰原零(はいばら・れい)の姿も解禁(C)2015HEADGEAR/「THE NEXT GENERATION ?PATLABOR-」製作委員会
  • 水しぶきを上げ勢いよく迫りくるメタリックなヘリの全形写真(C)2015HEADGEAR/「THE NEXT GENERATION ?PATLABOR-」製作委員会

オリコントピックス