• ホーム
  • 芸能
  • 榮倉奈々主演ドラマ『Nのために』 原作者・湊かなえ氏が出演者を激励

榮倉奈々主演ドラマ『Nのために』 原作者・湊かなえ氏が出演者を激励

 TBS系新ドラマ『Nのために』(10月17日スタート、毎週金曜 後10:00)の原作者・湊かなえ氏がこのほど、瀬戸内海の小豆島(香川県)で行われた撮影現場に、陣中見舞いに訪れ、主演の榮倉奈々窪田正孝三浦友和ら出演者を激励した。

 湊氏は、榮倉演じる高校生の希美と窪田が演じる同級生・成瀬が暮らす青景島で行われたお祭りのシーンの撮影を見学。「とても幸せなシーンを見させていただいて、その場面がすごく幸せに見えた分、この先の展開が…」と自身が執筆した物語ながらも、ドラマの展開に期待を寄せていた。

 キャスティングについて「希美は誰よりも強くて、誰よりも弱い女性。榮倉さんはどちらの面も見せてくれる女優さんだと思っているので、うれしかった」と満足げな湊氏の言葉を受け、榮倉は「うれしさと、またその言葉を信じて、頑張っていきたいと思います」と意気込みを新たにしていた。

 ドラマのオリジナルキャラクター・高野を演じる三浦についても湊氏は「視聴者の方と一緒に主要な4人(榮倉、窪田、賀来賢人小出恵介)の運命を見届けてくださり、この人に付いて行こうと思わせる信頼できる大人。三浦さんに居てもらえて幸せだなあ」と感激していた。

 また、高校生を演じることに不安げな榮倉と窪田だったが、三浦から「全然、高校生に見えるよ!」とお墨付きをもらい、「自信を持って頑張ります!」(榮倉)、「暑い中、ブレザーを着て撮影していますが、より一層爽やかに見えるように頑張ります!」(窪田)と話していた。

 同ドラマは、10年前に起きた野口貴弘(徳井義実)とその妻・奈央子(小西真奈美)が殺害された事件の判決に疑いを抱く元警察官・高野(三浦)が、事件の真相を追い始めるところから物語は始まる。当時、大学生の希美は、成瀬、安藤(賀来)、西崎(小出)と“ある計画”を立てたことで、野口夫妻殺人事件の現場に居合わせてしまう。その場で西崎は逮捕され、自供から懲役10年が言い渡された。登場人物に共通するのは、「N」のイニシャル。彼女、彼たちはどのように出会い、誰を愛し、どんな罪を犯してしまったのか。現在と過去を交錯させながら、事件の真実を明らかにしていく純愛ミステリー。



オリコントピックス