• ホーム
  • 芸能
  • おじいちゃん&おばあちゃんと一緒に“目”の自由研究 都内でイベント開催

おじいちゃん&おばあちゃんと一緒に“目”の自由研究 都内でイベント開催

 小学生夏休み自由研究向け教室『見たい! 知りたい! 目のかがく教室』が8日、都内にて開催された。バイエル薬品が開催した同イベントでは、小学生たちの祖父母も参加。子どもたちはゲームやクイズ形式で、目のしくみや大切さを楽しく学んだ。

【写真】その他の写真を見る


 参加したのは小学3〜4年生の男女とその祖父母の約50名。子どもたちに祖父母の目の絵を描かせて名称を学んだり、実際に目隠しをしながら歩いたり物を触って名称を答えるゲーム感覚の実験や、白内障や緑内障、加齢黄斑変性などの病気の名称に入っている“色”の漢字をクイズ形式で学習した。子どもたちは積極的に手をあげて答えるなど、楽しそうにゲームに熱中。祖父母たちも孫とともに実験に参加し、一緒に学んでいた。

 そのほかにも、加齢黄斑変性の患者自身の体験を聞いて目の病気について学ぶコーナーもあり、「少しでも目に不安を感じたら、早めに眼科に行ってください」との呼びかけに、小学生らは真剣な表情で聞き入っていた。目を大切にするためには「テレビやゲームの画面を見過ぎない」、「タバコを控える」、「ビタミンを摂取する」、「太陽を直接見ない」などがポイントということを学んだ小学生たち。最後に、参加した子どもたちから「ずっと見えていて欲しい」、「タバコをやめてほしいな」などのメッセージカードを渡された祖父母らは、その日一番の笑顔をのぞかせていた。

 同イベントは、小学生と祖父母との交流と通して目の不思議について楽しく学んでもらうほか、気になる目の病気やチェック方法について理解を深めてもらおうというもの。「メガネや虫メガネのしくみ」や「目にいい料理レシピ」などの自由研究を推奨している。



関連写真

  • 小学生夏休み自由研究向け教室『見たい! 知りたい! 目のかがく教室』の様子 (C)oricon ME inc.
  • 小学生夏休み自由研究向け教室『見たい! 知りたい! 目のかがく教室』 目隠しをして嗅覚だけでどんな食べものなのか答える様子 (C)oricon ME inc.
  • 小学生夏休み自由研究向け教室『見たい! 知りたい! 目のかがく教室』目隠しをしてまっすぐに歩けるかの実験 (C)oricon ME inc.
  • 小学生夏休み自由研究向け教室『見たい! 知りたい! 目のかがく教室』 目隠しをして嗅覚だけでどんな食べものなのか答える様子 (C)oricon ME inc.
  • 小学生夏休み自由研究向け教室『見たい! 知りたい! 目のかがく教室』 目隠しをして嗅覚だけでどんな食べものなのか答える様子 (C)oricon ME inc.
  • 小学生夏休み自由研究向け教室『見たい! 知りたい! 目のかがく教室』 教えてくれた東京女子医科大学病院の飯田知弘先生 (C)oricon ME inc.
タグ

オリコントピックス