• ホーム
  • 芸能
  • 氷室京介、活動休止の理由は“耳の不調”「これ以上やっていくのは無理」

氷室京介、活動休止の理由は“耳の不調”「これ以上やっていくのは無理」

 来年予定しているファイナルコンサートをもって、ライブ活動を休止することを電撃発表したロック歌手・氷室京介(53)が19日、横浜スタジアムで全国ツアー『25th Anniversary TOUR GREATEST ANTHOLOGY -NAKED- FINAL DESTINATION』の公演を開催。大勢のファンが注目するなか、活動休止の理由について“耳の不調”であることを明かした。

 氷室は今月13日、山口・周南市で行われたライブ中、きょう19・あす20日の横浜スタジアム2日間公演をもって、「氷室京介を卒業する」と電撃発表。終演後に更新された公式サイトでは「来年予定されているファイナル公演をもって、氷室京介としてのコンサート活動を休止」する意向であることが改めて報告された。

 この日、ファンの前で「ちゃんと報告します」とマイクを握った氷室は、「年のせいもあって耳が7年前くらいから右耳の調子が悪い」と告白。「ライブでは聞き耳は左なのでそれでやってたけど、(最近)左側の耳がどこかのトーンだけが聞こえない」と明かし、「これ以上やっていくのは無理」と神妙な面持ちで語った。

 また、年齢的な問題も一因のようだ。デビュー25周年で全国50公演のロングツアーを敢行中で、「この歳で50本は正直、つらかった」と本音を吐露。「9本目の九州・博多でライブしたときに『今回のツアーで最後』だと、関係者やうちのかみさんにも伝えた」と決断に至るまでの経緯を明かした。

 衝撃発表の真相を明かした氷室は、ファンに向かって「とりあえず長い間こうして支えてくれて、氷室京介はお前らが作ってくれた存在。お前らが作った氷室京介。きょうとあしたでお返しする。俺は自分の今のコンディションでできることをしっかりと考えてやる」と声を張ると、大歓声に包まれた。

 ロック界のカリスマ的存在の氷室は、1982年にBOΦWYのボーカリスト「氷室狂介」としてデビューし、84年に現在の名前に改名。88年4月にバンドを解散、同年7月21日にソロデビューした。現在は3月に開幕したソロデビュー25周年ツアー(全50公演)中で、あす20日に同所でファイナルを迎える。



オリコントピックス