• ホーム
  • 芸能
  • 『卒業ソングランキング2014』 ユーミン「卒業写真」が2年連続首位

『卒業ソングランキング2014』 ユーミン「卒業写真」が2年連続首位

⇒ランキング表を見る!

 卒業シーズンを迎えるにあたって、進学や就職などで新たな一歩を踏み出す人たちも多い年代であろう10代・20代の男女を対象に、オリコンでは恒例の『卒業ソングランキング 2014』に関するアンケート調査を実施。その結果、歌手の松任谷由実荒井由実時代に発表した【卒業写真】が昨年に続いて1位に選ばれ、堂々の2連覇を達成した。

 2007年の同調査開始以来、7年連続のTOP5入りも果たした【卒業写真】は、“切なくもあたたかい”卒業ソングの定番として支持を獲得。今回も「卒業ソングといえばこれしか浮かばない」(愛知県/20代/女性)、「卒業アルバムを見るとこの歌が浮かんでくる」(北海道/20代/男性)といったコメントが多数寄せられた。

 昨年に続いて2位となったのは、1991年に埼玉県の中学校教員が作り上げた合唱曲【旅立ちの日に】。「皆で合唱した思い出深い曲」(鳥取県/20代/女性)、「卒業式で歌ったので“卒業”といわれたらこの歌が浮かんできます。皆泣いちゃって…」(福岡県/10代/女性)と、仲間と共に歌い上げた思い出に胸を熱くする人も少なくないだろう。

 また、森山直太朗【さくら(独唱)】と、いきものがかり【YELL】が同率で3位に登場。【さくら(独唱)】には「中学の卒業式の時、在校生が退場するときに歌ってくれてすごく感動しました!」(愛知県/10代/女性)、【YELL】にも「高校時代、先輩が卒業するときに歌って自分が感動してしまった」(埼玉県/20代/女性)というように、“送る側”にとっても印象深い卒業ソングとして支持された。

 そのほか、学園ドラマ『3年B組金八先生』(TBS系)のテーマソングとしてもおなじみの海援隊【贈る言葉】が5位に。以下、6位に川嶋あい【旅立ちの日に…】、7位にSPEED【my graduation】。同率で8位にEXILE【道】と尾崎豊【卒業】、10位に【サクラ咲ケ】がそれぞれランクインしている。

 「卒業」というキーワードを耳にすると、思わず自然に口ずさんでしまう定番“卒業ソング”が順当に票を伸ばす結果となった『卒業ソングランキング2014』。別れの切なさと新しい出会いに向けての希望が入り混じるシチュエーションにおいて、あなたの心に響きわたるのはどの一曲ですか?

レミオロメンの「3月9日」は、2011年に5連覇を達成し殿堂入り。

【調査概要】
調査時期:2014年2月25日(火)〜2月27日(木)
調査対象:合計500名(自社アンケート・パネル【オリコン・モニターリサーチ】会員の10代、20代の男女)
調査地域:全国
調査方法:インターネット調査


2014年 好きな卒業ソングランキング


順位曲名/アーティスト名昨年比
卒業写真」/松任谷由実→1位
旅立ちの日に」/作詞:小嶋登、作曲:坂本浩美→2位
さくら(独唱)」/森山直太朗↑6位
YELL」/いきものがかり↑8位
贈る言葉」/海援隊→5位
旅立ちの日に…」/川嶋あい↑10位
my graduation」/SPEED↓3位
」/EXILE↓4位
卒業」/尾崎豊↓7位
サクラ咲ケ」/↑10位圏外




オリコントピックス