• ホーム
  • 芸能
  • 初の列車モチーフ『烈車戦隊トッキュウジャー』お披露目 関根勤、38年ぶり戦隊シリーズ出演

初の列車モチーフ『烈車戦隊トッキュウジャー』お披露目 関根勤、38年ぶり戦隊シリーズ出演

 テレビ朝日系スーパー戦隊シリーズ第38作目となる『烈車戦隊トッキュウジャー』(2月16日スタート、毎週日曜 前7:30)の記者発表会が26日、都内で行われ、キャストたちがお披露目された。今作は、1975年から続く長い歴史の中で初めて「列車」をモチーフ。車内ベルや、アナウンス、汽笛などが変身シーンや戦闘シーンで登場する。

【写真】その他の写真を見る


 同番組の佐々木基プロデューサーは「特に変身シーンが面白い」とあおり、「ただいま変身いたします。白線の内側までお下がりください」とアナウンス。「とにかく楽しい戦隊になっている。列車が合体していく巨大ロボも大きな魅力になっている」とアピールした。東映の宇都宮孝明プロデューサーは「変身アイテムを取替する“乗り換え”も魅力」と、列車ならではの見どころも紹介した。

 トッキュウジャーのキャストとして、トッキュウ1号/ライト役の志尊淳(18)、トッキュウ2号/トカッチ役の平牧仁(26)、トッキュウ3号/ミオ役の梨里杏(20)、トッキュウ4号/ヒカリ役の横浜流星(17)、トッキュウ5号/カグラ役の森高愛(16)が登壇した。

そのほか、車掌役として『秘密戦隊ゴレンジャー』以来38年ぶりにスーパー戦隊シリーズ出演を果たす関根勤、チケットの声優に山口勝平、ワゴンに堀江由衣が参加する。

 トッキュウ1号を演じる志尊は「スーパー戦隊シリーズは、今までたくさんの方がレールを引いて、夢と希望を乗せて走ってきてくださいました。僕たちもその列車に乗り、子どもたちの勇気と希望を乗せ、さらにレールを伸ばせるよう精一杯頑張りたい」と熱く意気込みを語った。



関連写真

  • 初の列車モチーフ『烈車戦隊トッキュウジャー』がお披露目(キャスト左から)梨里杏、平牧仁、志尊淳、横浜流星、森高愛(C)ORICON NewS inc.
  • 変身シーンに注目の『烈車戦隊トッキュウジャー』(C)ORICON NewS inc.
  • 志尊淳 (C)ORICON NewS inc.
  • 平牧仁 (C)ORICON NewS inc.
  • 梨里杏 (C)ORICON NewS inc.
  • 横浜流星 (C)ORICON NewS inc.
  • 森高愛 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス