• ホーム
  • 芸能
  • 来春の花粉、飛散量が多い県・少ない県は…? ウェザーニューズ予測

来春の花粉、飛散量が多い県・少ない県は…? ウェザーニューズ予測

 ウェザーニューズは30日、スギ・ヒノキ花粉の2014年の飛散傾向を発表した。それによると、全国平均では平年より1割程度増加する見込み。都道府県別にみると、昨年にくらべてもっとも多い飛散が見込まれるのは佐賀県と兵庫県で1.5倍増。もっとも少ないのは東京都と神奈川県で2割減とみている。

 エリア別では、北海道〜関東、甲信、北陸で平年並みとなるほか、東海から九州の飛散量は2割増加する見込みで、同社は「統計的に花粉が飛びにくい年になる地域が多いですが油断はできない年になります」としている。

 花粉の飛散量は多い年の翌年は少なくなるなど、交互に増減する傾向があると言われる。2013年春シーズンは花粉飛散量が多かったことから来春は少なくなると見られるが、2013年の夏は全国的に晴れて暑い日が多く、花粉の発生源である雄花の生育状態がよかったこと、九州では年ごとの飛散量の差が明瞭ではなくなってきている点、全国のユーザーから寄せられた情報、近年のスギ・ヒノキ林の活性度なども考慮して推定している。



タグ

オリコントピックス