• ホーム
  • 芸能
  • 2013年上半期ブレイク俳優、首位は福士蒼汰

2013年上半期ブレイク俳優、首位は福士蒼汰

■ランキング表はこちら

 2013年も折り返しとなり、先週発表した<女優編>に続き、恒例の『2013年上半期に最もブレイクしたと思う俳優』についてアンケート調査を実施。見事首位に輝いたのは、映画、ドラマとさまざまな作品で確かな爪痕を残した【福士蒼汰】。先週の<女優編>1位の能年玲奈と同様、2位以下を大きく引き離しての圧倒的な支持を得る結果となった。

◆“ライダー出身”の福士、『あまちゃん』でブレイク

 1位の福士は、2010年に芸能活動を開始し、翌11年には俳優デビュー。同年に放送された『仮面ライダーフォーゼ』(テレビ朝日系)の主人公・如月弦太朗役を務めたことで一躍注目を集める。その後も、映画『仮面ライダーフォーゼ THE MOVIE みんなで宇宙キターッ!』や『図書館戦争』などのヒット作に立て続けに出演。そして、現在放送中の大ヒットドラマ『あまちゃん』(NHK総合)へのレギュラー出演で、その人気を決定付けた。

 同作で福士が演じるのは、能年演じる天野アキに想いを寄せられる種市浩一役。現在、同作は“東京編”に突入しているが、東京で再会した2人に今後どのような展開が待ち受けているのか、ヤキモキしている視聴者も多いことだろう。福士に対する支持の主な理由として、同世代のファンからは「『仮面ライダーフォーゼ』の頃からファンで、笑顔が素敵だしすごくカッコイイから」(山形県/10代/女性)という意見が多く、年配層からは「『あまちゃん』で整った顔立ちでなまりのある言葉を話すのがとても可愛らしく、年甲斐もなくキュンとしてしまいました」(東京都/30代/女性)と、やはり“あまちゃん効果”が反映されていることがうかがえる。

 今回の首位には、福士本人も大いに喜びを感じているようで、「この結果は、家族や友だち、スタッフのみなさん、そして、応援してくださるファンの方々に支えられた部分が大きいと思います。ただ、1位と言う結果を正直まだ実感できずにいます。それは、ここで終わらせたくないし、まだまだこれからだと思うからです」と力強くコメント。8月には主演映画『江ノ島プリズム』の公開も控えており、さらなる高みへと登る準備は整っていると言えそうだ。

◆大倉忠義が関ジャニ∞の“役者部門”をけん引する存在に

 続く2位には、人気グループ・関ジャニ∞のメンバーとしてはもちろん、役者としても飛躍を遂げた【大倉忠義】がランクイン。大倉といえば、メンバーの中でも錦戸亮とともに以前から役者業に注力し、『必殺仕事人シリーズ』(テレビ朝日系)を筆頭に印象的な演技を魅せてきた。4月期もドラマ『お天気お姉さん』(テレビ朝日系)ではユーモア溢れる演技を、対極に6月公開の『100回泣くこと』では、ガンと闘病する恋人を支える主人公を熱演した。

 大倉の魅力と言えば、ユーモラスな演技から、シリアスな演技までをこなす幅の広さにある。「ドラマ『お天気お姉さん』での好演、映画の主演が光っている」(東京都/40代/女性)、「俳優としての素質が開花した気がする」(長野県/40代/男性)と、その確かな演技力に驚きの声があがっている。個性的なメンバーの中で、一歩引いた立ち位置をキープしていた大倉だが、今後はグループの俳優部門をけん引する存在になっていきそうな予感がする。

 その他の上位ランキングを見ると、3位にランクインした【星野源】は、ミュージシャンとしても人気急上昇中で、初主演映画『箱入り息子の恋』も話題になるなど、まさにクロスオーバーな活躍を見せている。また、ネットを中心に熱烈なファンを獲得した深夜ドラマ『みんな!エスパーだよ!』(テレビ東京系)で主演した【染谷将太】も5位と健闘している。

 今回のランキングを振り返ってみると、まさに上半期を代表するフレッシュな顔ぶれが揃ったと言っても過言ではない。年齢・キャリアともにさまざまな若手俳優が活躍した上半期だが、残り半年で彼らがどのように躍進していくのか? 楽しみは尽きない。

TOP10ランキング表

【調査概要】
調査時期:2013年6月24日(月)〜6月27日(木)
調査対象:合計1000名(自社アンケート・パネル【オリコン・モニターリサーチ】会員10代、20代、30代、40代の男女)
調査地域:全国
調査方法:インターネット調査



関連写真

  • 『あまちゃん』でブレイクを決定付けた1位の福士蒼汰
  • 俳優としてのセンスも光る
3位の星野源 (C)ORICON NewS inc.
  • 演技の幅を見せる、5位の染谷将太 (撮影:片山よしお)

オリコントピックス