• ホーム
  • 芸能
  • 田島優成、舞台中止を涙目で反省「無名な若造のために…」 ブログでも謝罪

田島優成、舞台中止を涙目で反省「無名な若造のために…」 ブログでも謝罪

 今月21日に出演を予定していた舞台『効率学のススメ』(新国立劇場)に現れず、公演を中止にさせた俳優の田島優成(25)が23日、東京・新国立劇場で謝罪会見を行った。

 田島は冒頭で「僕みたいな無名な若造のために本日お集まりいただき、申し訳ありません」と頭を下げて謝罪。“ドタキャン”の経緯について、13時の公演を19時と間違えていたといい、「朝に一度、目を覚ましたが、もう一度寝てしまった」と明かし、当日連絡が取れなかった理由を「携帯の充電が切れていて、付けたらたくさんのスタッフから連絡が来ていて、自分がとんでもないことをしてしまったと気づきました」と涙目で説明した。

 また、制作関係者が心配して自宅に訪れたが「(寝ていて)僕があまりにも反応しなかったので、いないと判断され帰られた」ことも明かした。

 所属事務所からは、きのう自宅待機が言い渡されたといい「一晩明けて、たくさんの家族や演劇関係の先輩や仲間からメールが来た。改めて事の重さを感じた一日でした」と反省しきり。中止を知った後の心境については「自分で言うのもなんですが信じられない。消えたい思いました。嘘であってくれ夢であってくれと思ったし、どう謝ろうかと考えていた」と悔やんでいた。

 また、同日にはブログにも謝罪コメントを載せ、「どのようにお詫びをしても取り返しのつかないことをしてしまったと重々承知の上、皆様にこれ以上のご迷惑をおかけしないためには、残り6回の公演を今まで以上に気を引き締めて、作品の上演に貢献できるよう努めたいと思っています」と心境を綴り、「今回自分の引き起こした失態を深く反省し、俳優として、社会人としての責任の取り方をしっかり考えていく所存です」と記している。



関連写真

  • 田島優成 (C)ORICON NewS inc.
  • 報道陣に深々と頭を下げる田島優成 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス