• ホーム
  • 映画
  • 33年ぶりテレビアニメ『宇宙戦艦ヤマト2199』好発進

33年ぶりテレビアニメ『宇宙戦艦ヤマト2199』好発進

 33年ぶりの復活となる『宇宙戦艦ヤマト2199』(毎週日曜 後5:00)が7日、MBS・TBS系で放送開始され、番組平均視聴率が関西で5.9%、関東で5.7%と好スタートを切ったことが8日、わかった。視聴率はすべてビデオリサーチ調べ。

 MBSの担当者は「どのような人がどれくらいテレビを視聴したかを示す個人視聴率では、35〜49歳が最も多く、次に20〜34歳、そして4〜12歳と続いたことから、親子2代で観ていただけたのではないか」と好感触を語っている。

 『宇宙戦艦ヤマト』は1974年10月から1975年3月までテレビ放送され、日本のアニメーション史において後の作品にも多大な影響を与えている不朽の名作。続編の『宇宙戦艦ヤマト2』(1978年10月〜1979年4月)、『宇宙戦艦ヤマトIII』(1980年10月〜1981年4月)以来、33年ぶりのテレビ新シリーズとして放送前から注目を集めていた。

 新シリーズは、新たなスタッフによる完全リメイク版で、ヤマト艦長の沖田十三をはじめ、戦術長の古代進、船務長の森雪らオリジナルキャラクターに加え、女性パイロットなど新しいキャラクターも登場。声優陣も、沖田艦長に菅生隆之、古代進に小野大輔、森雪に桑島法子、島大介に鈴村健一、スターシャに井上喜久子、デスラー総統に山寺宏一ら人気キャストが集まり、従来の“ヤマト”ファンから若い世代まで、幅広いアニメファンの期待に応えるべく制作された。

 番組放送中、ツイッターでハッシュタグ「#yamato2199」をつけてツイートすると、データ放送画面に表示されるサービスを実施していたこともあり、7日午後5時からの1時間「HOTワード」の1位・2位を「ヤマト」「#yamato2199」が独占する盛り上がりを見せていた。

⇒⇒ 宇宙戦艦ヤマトのファンクラブ情報



関連写真

  • 16万8000光年の彼方、惑星イスカンダルへ大航海が始まった『宇宙戦艦ヤマト2199』
  • 4月14日放送の第2話より、主砲ショックカノンの一斉射でガミラスの放つ惑星間弾道弾を破壊するヤマト (C)宇宙戦艦ヤマト2199製作委員会

オリコントピックス