• ホーム
  • 音楽
  • Perfumeがヒト型ロボットに!?「目からレーザー出しました」

Perfumeがヒト型ロボットに!?「目からレーザー出しました」

 人気テクノポップユニット・Perfumeの17thシングル「未来のミュージアム」(27日発売)のミュージックビデオが11日、初公開された。同MVでアニメーションとの初コラボを実現したメンバーは「また新しいPerfumeの一面を出せた!!」と自信をのぞかせた。

 新曲が3月9日公開の『映画ドラえもん のび太のひみつ道具博物館(ミュージアム)』の主題歌に起用されていることから、MVでも実写のメンバーとアニメーションの世界を絶妙に融合させた。

 舞台は20XX年未来の世界。かしゆか、あ〜ちゃん、のっちの3人が扮する“ヒト型ロボット”Perfumeが、19XX年の過去へとタイムマシンで送り込まれ、臆病な「少年P太」を連れ出して冒険の旅に出る。P太が自分にとって大切な何かを見つけたとき、未来のP太の運命が…というストーリー仕立てだ。

 MVではあえてダンスを封印し、全編ブルーバックでの演技に徹したメンバーは「今回はダンスもなしで演技に集中しました! しかもついに目からレーザーを出しました(笑)。アニメとのコラボならではの展開がとても面白く、お子さんにも楽しんでもらえる作品になっていると思いますので、ぜひ注目してほしいです!」と力強くアピールした。

 本作では、過去のシングルのMVとも連動。「Spring of Life」(昨年4月発売)の衣装、「Spending all my time」(同8月発売)の超能力が登場する。MVのラストではコミック本のページがパラパラと逆にめくられていき、表紙=今回シングルの初回盤ジャケット写真で幕を閉じるという仕組み。アニメとコラボすることで、Perfumeのポップなビジュアルと楽曲の表現の幅がさらに広がりをみせている。



関連写真

  • Perfumeが新曲「未来のミュージアム」MVでアニメーションと初コラボ
  • 少年P太と冒険の旅に出るPerfume

オリコントピックス