• ホーム
  • 芸能
  • 漫画『キングダム』、ソーシャル企画でギネス認定「史上最多人数で描きあげたマンガ」

漫画『キングダム』、ソーシャル企画でギネス認定「史上最多人数で描きあげたマンガ」

 今年5月18日にスタートした、人気漫画『キングダム』(原泰久氏)を題材にWEB上でコミックス最新巻26巻を描き上げるユーザー参加型の企画『ソーシャルキングダム』が、今月12日に1087人が参加したことで「史上最多人数で描きあげたマンガ」として、ギネス世界記録に認定されたことが20日、わかった。

【写真】その他の写真を見る


 同企画は、『キングダム』の最新巻26巻の全コマ(約1000コマ)から、各ユーザーが1コマを選んで模写し、それをアップロードして1000人以上で『キングダム』26巻を描き上げるというもの。TwitterやFacebookのアカウントがあれば誰でも参加可能で、6月13日には全コマが埋まっていた。漫画家の荒木飛呂彦氏、井上雄彦氏、尾田栄一郎氏、本宮ひろ志氏などが参加したこともあり、大きな話題となった。

 漫画は『週刊ヤングジャンプ』で2006年1月より連載中の人気作。紀元前の中国、春秋戦国時代を舞台に、西方の国・秦で天下の大将軍になることを目指し、剣の修業に明け暮れる少年・信と、後の秦の始皇帝となる秦王・政の活躍を描く。同企画は、ヤングジャンプコミックス『キングダム』26巻の発売(18日発売)と、テレビアニメ『キングダム』の放送開始(NHK BSプレミアム/6月4日スタート)を記念して行なわれていた。

 また、ギネス世界記録認定を記念して、22日と23日に千葉・幕張メッセで開催される『ジャンプフェスタ2013』の「キングダムブース」で認定証が展示される。



関連写真

  • 「史上最多人数で描きあげた漫画」として世界記録を達成した『ソーシャルキングダム』(C)2012 I.T.PLANNING,INC.(C)SHUEISHA Inc. All rights reserved. 
  • 尾田栄一郎も参加!
  • 岸本斉史が描いた『ソーシャルキングダム』(C)岸本斉史 スコット/集英社
  • 荒木飛呂彦が描いた『ソーシャルキングダム』(C)LUCKY LAND COMMUNICATIONS/集英社

オリコントピックス