• ホーム
  • 芸能
  • 早乙女太一が現状報告 GACKT主演舞台は実弟と“二人一役”で出演

早乙女太一が現状報告 GACKT主演舞台は実弟と“二人一役”で出演

 今月18日に左かかとを骨折し全治3ヶ月と診断された大衆演劇の早乙女太一(21)が25日、都内で会見を開き、あす26日から上演されるGACKT主演舞台『MOON SAGA〜義経秘伝〜』の演出内容を一部変更し、早乙女演じる陰役を実弟で俳優の早乙女友貴(16)と2人で演じることを発表した。車イスに乗って現れた太一は「僕がけがをして、周りの方、お客様にご迷惑をおかけしました」と改めて謝罪。「できる範囲で立たせてもらうとのことで、少しでもできるチャンスをもらった」と感謝を口にした。

【写真】その他の写真を見る


 原作・脚本・演出・主演の4役を歌手のGACKTが手がける同舞台で太一は、源義経につきまとう銀髪の物ノ怪・陰という重要な役どころを担当。負傷で出演辞退が危ぶまれたが、本人の強い意向もあって、追加キャストの弟・友貴と2人で同役を全うすることが決まった。友貴は4日前に二人一役で上演することを聞かされたといい「不安でしょうがないけど、できることを精一杯頑張りたい」と報告。太一は「短い時間で急だったので、この時間の中でできる範囲で。伝えられることは伝えたい」と弟の全面サポートを誓った。

 また太一は自分の出番について「左足になんの負担もないアイディアを考えて下さった」と演出変更に感謝。GACKTからは「こうなってしまったのはしょうがない。今やれることをやろう」と声をかけられたといい、「今できることを精一杯やりたい」と気を引き締めていた。

 太一は18日、東京・日本橋劇場の舞台『劇団朱雀/自主公演』で、高さ3.5メートルの2階の桟敷席(さじきせき)から舞台に向かって飛び降りた際に「左踵骨(しょうこつ)」を骨折。『自主公演』は代役を立てていた。

 現在の足の状態について太一は「ひざから下をギプスしています。でも、痛みはだいぶ治りました」。舞台中のけがは人生で初めてといい「今、無理に悪化させることにはならないように、安静にして、後遺症を残さずに立てるようにしたい」と語っていた。舞台『MOON SAGA〜義経秘伝〜』は9月26日から10月2日まで東京国際フォーラムにて上演。

■早乙女友貴:1996年5月14日生まれ。3歳から劇団朱雀の舞台に立つ兄・太一を目標にけいこに研鑚。主な出演作は舞台『ドリームハイ』『里見八犬伝』。

⇒⇒ 早乙女太一のチケット発売情報
   GACKTのチケット発売情報ファンクラブ情報



関連写真

  • 舞台『MOON SAGA〜義経秘伝〜』陰役を“二人一役”で演じることを発表した(左から)早乙女太一、早乙女友貴 (C)ORICON DD inc.
  • 車椅子姿の早乙女太一 (C)ORICON DD inc.
  • 早乙女太一 (C)ORICON DD inc.
  • 舞台『MOON SAGA〜義経秘伝〜』陰役を兄・早乙女太一と二人一役”で演じることを発表した早乙女友貴 (C)ORICON DD inc.
  • 舞台『MOON SAGA〜義経秘伝〜』陰役を“二人一役”で演じることを発表した(左から)早乙女太一、早乙女友貴 (C)ORICON DD inc.

オリコントピックス