きゃりーぱみゅぱみゅ、新作が国内外で1位 「最高の発売日」

 モデルで歌手のきゃりーぱみゅぱみゅの1stアルバム『ぱみゅぱみゅレボリューション』(23日発売)が、国内外で好スタートを切った。5/22付オリコンデイリーアルバムランキング初登場首位、国内iTunes Store総合首位、アメリカ・フランス・ベルギーのエレクトロニックチャートでも首位を獲得。発売当日に東京・ラフォーレ原宿で記念イベントを行ったきゃりーは「最高の発売日になりました!」と報告し喜んだ。

 昨年8月に歌手デビューし、まだ1年に満たないものの、これまでに制作した「PONPONPON」(昨年8月発売)、「つけまつける」(1月発売)、「CANDY CANDY」(4月発売)のミュージックビデオのYouTube総再生回数は5000万回を突破。動画コメントの大半は海外から寄せられたもので、それを証明するように、昨年12月に米ロサンゼルスで行ったライブは6000人を動員する盛況ぶりをみせた。

 また、今年1月には、「PON PON PON」のMVを見た米歌手ケイティ・ペリーが自身のツイッターで「私は彼女がとても好き、彼女は私をハイにさせる」とつぶやいたことに代表されるように、きゃりーの奇抜なファッションと中田ヤスタカ(capsule)プロデュース楽曲による化学反応は、昨夏CDデビューしたばかりの新人とは思えないほど海外で支持されている。

 新作が国内外で好発進したきゃりーは、イベントに集まったファンに向け「今回のアルバムは遊園地“きゃりーぱみゅぱみゅランド”がテーマになっています」と解説。「開園から閉園の曲まであって、まるごと遊園地みたいなアルバム。目を閉じて聴いてみたら遊園地に行った気分になれますよ」と呼びかけていた。

⇒⇒ きゃりーぱみゅぱみゅのチケット発売情報



オリコントピックス