• ホーム
  • 芸能
  • ローソン、350万アイテムを揃えた総合エンタメモール『エルパカ』スタート

ローソン、350万アイテムを揃えた総合エンタメモール『エルパカ』スタート

 ローソンは18日、総合エンタメモール「LAWSON HOT STATION エルパカ」をオープンした。同モールは、コンサート・スポーツ・レジャーなどのチケット、CD/DVD、本・電子書籍、ゲーム、グッズ・ホビーなど、エンタテイメント商品約350万アイテムを揃えたエンタメ総合サービスで、音楽ニュースなども掲載する。

 ローソングループには、「Ponta&LAWSONネットショッピング」、「ローチケ.com」、「HMV ONLINE」、「HMV MOBILE」の各エンタメ系Eコマースサイトがあるが、今回これらのサイトを『エルパカ』に集約。ひとつの会員IDで、すべてのサービスを利用出来るようになった。約350万のアイテム数は、エンタテイメント分野では日本最大級となる。

 また、共通ポイントプログラムラム『Ponta(ポンタ)』会員は買い物でポイントがたまり、スタートキャンペーンとして、18日(木)から28日(日)に、通常の15倍のポイントが付くキャンペーンも実施する。

 総合エンタメモール「LAWSON HOT STATION エルパカ」の名称は、ローソンの頭文字である「L(エル)」と、南米に生息するラクダ科の哺乳類「アルパカ」を合わせた造語で、「アルパカ」のように、ユーザーから愛され、親しんでもらいたいという想いが込められている。



オリコントピックス