ドラマ&映画 カテゴリ

赤楚衛二&町田啓太、お互いを“魔法使い”だと思っている!? 「チェリまほ」インタビュー

 2020年10月期にテレビ東京系で放送され、日本のみならずアジアの国々で人気を博したドラマ『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』(通称「チェリまほ」)で共演し、映画『チェリまほ THE MOVIE 〜30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい〜』(4月8日公開)で再共演を果たした赤楚衛二と町田啓太。この2人もどうやら“人の心を読める魔法”が使える(!?)みたいなのだ。
 豊田悠による人気漫画「30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい」(「ガンガンpixiv」掲載/スクウェア・エニックス)が原作。自分に自信がなく、地味で冴えないサラリーマンだった安達清。童貞のまま30歳の誕生日を迎え、“触れた人の心が読める魔法”を手に入れた事で、社内の人気者で仕事もできる同期・黒沢優一から好意を抱かれていることを知る。初めて誰かから寄せられる好意に戸惑う安達だったが、一途な黒沢の想いに次第に心が動かされていき、安達と黒沢は晴れて恋人同士に。映画では、幸せな日常を送る2人に試練が…。安達に長崎転勤の話が舞い込み、互いを想い合うがゆえにすれ違ってしまう。仲間や家族に見守られながら歩む、二人の未来のゆくえは――!?
――心が読めるという魔法に驚き、焦り、けれど周囲とのコミュニケーションに前向きになる安達を演じる赤楚。安達を優しく見守り、スマートにフォローする黒沢役の町田。相手の心を読むことができたら、人間関係もスムーズにいくのではないか、と考えてしまうのですが、お二人はどう思いますか?

赤楚町田さんは、“人の心を読める魔法”が使える人なんじゃないか、と。僕が考えていることを全部、当ててしまう。本当に心を読まれている、筒抜けになっている感覚があります。

町田えっ!? そんな風に思っていたの(笑)。
赤楚「チェリまほ」以外の作品の現場でご一緒した時のことなんですが、その時ちょっとお芝居のことで悩んでいたんですよ。そうしたら、町田さんが「思っていることがあったら(監督に)言った方がいいんじゃない?って、サラッと、さりげなく声をかけてくれたことがあって。えっ? なんで? 僕、何も言ってないのに!? そういうことがありました。

町田いやいや、“心を読む”というほどのことじゃない。赤楚くんはとても正直な人だから、わかりやすい(笑)。そこが素敵なところなんだけど。どちらかといえば、赤楚くんの方が“心を読める”というか、人の気持ちを推し量れる人。誰に対してもナチュラルに気遣ってくれる。僕に足りないところだといつも気づかせてくれる。一緒にお芝居をしていても、僕が何を考えているか分かってくれているな、という安心感があって、すごく信頼しています。

映画『チェリまほ THE MOVIE 〜30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい〜』2022年4月8日公開

出演:
赤楚衛二 浅香航大 ゆうたろう 草川拓弥(超特急) 佐藤玲 鈴之助 松尾諭
/遠山俊也 榊原郁恵 鶴見辰吾 松下由樹/町田啓太
※榊原の「榊」は「木」へんに「神」
原作:豊田悠「30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい」(掲載 「ガンガンpixiv」スクウェア・エニックス/コミックス1〜9巻発売中、最新10巻は4月21日発売)
監督:風間太樹
脚本:坂口理子
プロデューサー:本間かなみ、井原梓、熊谷理恵
製作:『チェリまほ THE MOVIE』 製作委員会
制作プロダクション:テレビ東京 ラフ・アット
配給:アスミック・エース
(C)豊田悠/SQUARE ENIX・「チェリまほ THE MOVIE」製作委員会
公式サイト:https://cherimaho-movie.com
公式twitter:@tx_cherimaho
公式Instagram:@cherimaho_movie









あなたにおすすめの記事

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

メニューを閉じる

 を検索