• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム

渚の歌詞

作詞 草野正宗
作曲 草野正宗

ささやく冗談でいつも つながりを信じていた
砂漠が遠く見えそうな時も
ぼやけた六等星だけど 思い込みの恋に落ちた
初めてプライドの柵を越えて

風のような歌 届けたいよ
野生の残り火抱いて 素足で走れば

柔らかい日々が波の音に染まる 幻よ 醒めないで

ねじ曲げた思い出も 捨てられず生きてきた
ギリギリ妄想だけで 君と

水になって ずっと流れるよ
行きついたその場所が 最期だとしても

柔らかい日々が波の音に染まる 幻よ 醒めないで
渚は二人の夢を混ぜ合わせる 揺れながら輝いて

輝いて… 輝いて…

柔らかい日々が波の音に染まる 幻よ 醒めないで
渚は二人の夢を混ぜ合わせる 揺れながら輝いて

情報提供元うたまっぷ.com

スピッツの新着歌詞

タイトル 歌い出し
  • 1987→
  • なんかありそうな気がしてさ 浮かれた祭りの外へ
  • 歌ウサギ
  • こんな気持ちを抱えたまんまでも何故か僕たちは
  • 雪風 TX系ドラマ「不便な便利屋」エンディング・テーマ
  • まばゆい白い世界は続いてた また今日も巻き戻しの海を
  • モニャモニャ
  • 優しい眼で聞いている 僕には重要な言葉
  • グリーン
  • どん底から見上げた 青い空とか

歌詞をもっと見る

この芸能人のトップへ