• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • eltha(エルザ)

水槽の歌詞

発売日 2018年10月17日
作詞 渡井翔汰
作曲 渡井翔汰

眺めていた 国道沿いを行き交う人々の群れ
「日が沈んだら自然と泣いてたんだ」
寂しがり少年は笑う

誰かの声が鳴る方へ
空を仰いで 息を継いだ
それはまるで水槽を眺めるようで
水面に散りばめられた 餌を探す

誰もが皆 呼吸を求め泳いだ
次第に高鳴る鼓動
いずれ誰かが水面に顔を出すだろう
誰かの背に足を乗せ

底から名前を呼ぶ声
懐かしくて温もりのある声
それはいつか僕が落としたもので
あぁ なんだったっけ

たとえ呼吸ができずとも
水を裂いて君の元へ行こう
僕はきっと水面に立つさ
君の手をぎゅっと握りしめて

悲しみはやがて深さを増して
そこで僕ら産声をあげた
流した涙は降雪の様に
降り積もって景色を変えた
いつしか僕らそれを水槽と呼ぶことにした

生きるってことはつまりそう
悲しみの上に立って笑うようなものだろう

あの少年が笑ったように
生きてみせろよ

たとえ呼吸ができずとも
水を裂いて君の元へ行こう
僕らきっと水槽の外へ
君の手をぎゅっと握りしめて
呼吸ができずとも 水槽の外へ

眺めていた 国道沿いを行き交う人々の群れ
目を擦った手が少し濡れていたこと
寂しがり少年は笑う

情報提供元うたまっぷ.com

Halo at 四畳半の新着歌詞

タイトル 歌い出し
  • レプリカ
  • 私の身体を抜け出したそいつが
  • クレイドル
  • 空を渡る ミサイルを捕らえて
  • 月と獣
  • 欠けた月を眺めた獣は
  • 花飾りのうた BSテレ東・ドラマ「江戸前の旬season2」主題歌
  • 溢れ出した思いに形があるとしたら
  • イノセント・プレイ
  • ねえ イノセント・プレイ

歌詞をもっと見る

この芸能人のトップへ