不眠症の歌詞

不眠症

ダウンロード

発売日 2017年10月11日
作詞 秋元康
作曲 大貫和紀/河原レオ/高木龍一

明け方近く 寝返り打ちながら
何度も眠ろうとしてあきらめた

ああ 今 心の片隅に晴れない空がある
ああ そう何か充たされない焦りの雲

ふかふかのベッドでは
もう夢なんか見られない
環境が恵まれ過ぎてる
何もない床の上
疲れて横になりたいよ
甘えてる自分に僕は辟易(へきえき)とした
出て行こう
ここではダメなんだ

カーテン引いて 暗闇作っても
瞼(まぶた)をちゃんと閉じなきゃ眠れない

ああ だいぶ前に本当は気づいていただろう
ああ 欲しいもの その全て 外にあるよ

限られた時間では
見た夢なんか忘れるさ
目が覚めた瞬間消えてく
執着がなかったら
願いが叶うわけがない
失った欲望 僕は抗おうとした
出て行こう
朝まで待てない

あれが足りないとか
これも足りない
今を満足するな
不眠症でいい

ふかふかのベッドでは
もう夢なんか見られない
環境が恵まれ過ぎてる
何もない床の上
疲れて横になりたいよ
甘えてる自分に僕は辟易(へきえき)とした
出て行こう
ここではダメなんだ

情報提供元うたまっぷ.com

乃木坂46の新着歌詞

タイトル 歌い出し
  • 自惚れビーチ
  • カモーン カモーン カモーン こっちおいで
  • その女
  • 「その女(ひと)は、まるで夏のタ立のように、突然、喋り始めました」
  • 誰よりそばにいたい
  • 抱きしめられるだけで なぜだろう ほっとするのは…
  • まあいいか?
  • あなたはいつも言ってたよね?
  • 失恋お掃除人
  • サササのサ…

歌詞をもっと見る

この芸能人のトップへ