• ORICON MUSIC
  • アニメ&ゲーム

空に星が降る夜はの歌詞

空に星が降る夜は

ダウンロード

発売日 2016年05月25日
作詞 篠山コウセイ
作曲 篠山コウセイ

駅へ向かう帰り道
そっと街角でさよなら
笑った顔が素敵だった
きっとその先の未来に
今も居られたら良かった
風が冷たい頬を撫でた

下り一番線のホームは
僕が使うことはもうなくなった
見送りたかった 最後まで
濡れた視界がゆらゆら揺れた

空に星が降る夜は
夢の続きを探してしまうんだよ
「ガタリゴトリ」と運んでいく
ほのかな香りを乗せては消えていく

茜色していた空が
黒く染まるのを見ていた
「粛々と終わりは来るんだなぁ」
いつの間に流れ始めた
ラジオのニュース聞きながら
そんなことを考えていた

過去を夢に見る夜は
朝目覚めたら目の前にいないんだなぁ
日ごと世界は近づいていく
離れ離れの心を残して

上り三番線のホームと
僕とこの街はからっぽだった
乗り過ごしたまま進んでいけば
終着駅で折り返せるかな

空に星が降る夜は
「二人で見たい」と秘密のやりとり
胸に焼きつくその笑顔は
暗闇を切り裂く一筋の光

空に星が降る夜は
夢の続きを探してしまうんだよ
「ガタリゴトリ」と運んでいく
ほのかな香りを乗せては消えていく

辿り着けない終着駅
辿り着けないハッピーエンド
笑った顔が素敵だった
駅へ向かう帰り道
そっと街角でさよなら
笑った顔が素敵だった

情報提供元うたまっぷ.com

Suck a Stew Dryの新着歌詞

タイトル 歌い出し
  • ヒーローになれずに
  • ヒーローになれずに項垂れていた朝
  • インナーワールド
  • 手を引いて連れて行く
  • ユースフル-used-
  • 騙されてくれていた
  • レフストアンブルフィ
  • ああ良くもまぁ評論家ぶって
  • F.O.M.H.
  • 光のないこの部屋に一人きりで泣いていた

歌詞をもっと見る

この芸能人のトップへ