• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • eltha(エルザ)

履物と傘の物語の歌詞

履物と傘の物語

発売日 2015年04月29日
作詞 秋元康
作曲 片桐周太郎

ある田舎の駅の近く
2つの店が並んでました

履物屋さんと傘屋さんの
おばあちゃんは仲良しでした

それぞれの連れ合いに先立たれて
子どもたちも自立しました

おばあちゃんたちに残されたのは
客の少ないこの店だけ

それでも2人はしあわせでした
話し相手がそばにいたから

履物屋さんのおばあちゃんが
微笑みながら亡くなりました

傘屋さんのおばあちゃんも
後を追うように亡くなりました

それぞれの家族が片付けた時
店の奥を見て驚きました

履物屋さんの押し入れには
傘がいっぱいありました

傘屋さんの押し入れには
履物がいっぱいありました

お互いの店まで行ったり来たり
そう自分たちが客になってました

履物の数だけ 傘の数だけ
しあわせがそこにありました

しあわせがそこにありました

情報提供元うたまっぷ.com

岩佐美咲の新着歌詞

タイトル 歌い出し
  • まちぶせ
  • 夕暮れの街角 のぞいた喫茶店
  • 千本桜
  • 大胆不敵にハイカラ革命
  • 魂のルフラン
  • 私に還(かえ)りなさい 記憶をたどり
  • 遣らずの雨
  • 元気で暮らせよなんて 優しい言葉
  • 冬のリヴィエラ
  • 彼女(あいつ)によろしく伝えてくれよ

歌詞をもっと見る

この芸能人のトップへ