• ORICON MUSIC
  • アニメ&ゲーム

光の歌詞

発売日 2018年03月07日
作詞 LOVE/平義隆
作曲 平義隆

山手線の窓の空が暮れてく
流されるように 削られるように
いつもと同じ帰り道なら
このままゆけばいいはずなのに

いつのまに この手の中
守る筈の光 消えかけている

百年に一度の彗星も
一年に一度の蛍火も
同じ光 光 行きたいところへ
指をほどいたらゆけるかな
時に誰かを照らしながら空へ向かう
そんな光になりたい

それでも日々は容赦ないもの
心ない一言 心ない出来事
ひとりにひとつ 灯る明かりが
消えないように閉じ込めたいけど

見下ろせばこの街にも
か弱いはずの光 広がっている

一生に一度のオーロラも
揺れながら進む私たちも
同じ光 光 行くべきところへ
いつかまたきっと逢えるかな
私も照らし照らされては
やがて溶け合う そんな光でありたい

百年に一度の彗星も
一年に一度の蛍火も
同じ光 光 行きたいところへ
指をほどいたらゆけるかな
時に誰かを照らしながら空へ向かう
そんな光になりたい

情報提供元うたまっぷ.com

LOVEの新着歌詞

タイトル 歌い出し
  • SOMA BLUE
  • 夢を書いたり
  • Fortune Lady
  • I'll take it この身に降りかかるすべての雨も
  • Life Like A Tree 〜あすなろ〜
  • 木登りして遊んでた大きな木 あすなろ Tree
  • YES YES YES
  • Ah 人の悲しみを
  • Osaka On My Mind
  • とうりゃんせ とうりゃんせ

歌詞をもっと見る

この芸能人のトップへ