• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム

極彩極色極道歌<G3>の歌詞

極彩極色極道歌<G3>

発売日 2005年11月23日
作詞
作曲 アリス九號.

ひとつ、四角い部屋で生まれ
ふたつ、中から月を見上げ
みっつ、居場所の無い籠を
ひたり、ひたりとノタウチマワル

ひとつ、散り行く定めと知り
ふたつ、空想の自由を
みっつ、泣き疲れて眠る
いつか、羽ばたける日まで

煌めいてる あの星も 君の 泣き顔 上から 笑っていると
だから いつか 輝ける 日まで 焦らず ゆっくり 「おやすみ」

だから 今は 顔上げて いつか 描いた 落書き 探しに行こう
きっと いつか 心から 笑える 日々を夢見て

情報提供元うたまっぷ.com

アリス九號.の新着歌詞

タイトル 歌い出し
  • 開戦前夜
  • 喉元に突きつけたその腕を下ろしてよ
  • +-
  • 自らの頭より先に 教えられた「答え」を覚え 期待されるように振る舞っていても
  • SEVEN
  • 愛憎のシーソーゲームは 絵空事をLooking back
  • メビウス
  • きっと 解けないと信じていた 僕らを繋ぐものは
  • Exist
  • Would you tell me why? There's nothing that I couldn't do

歌詞をもっと見る

この芸能人のトップへ