アニメ&ゲーム カテゴリ

秋風の歌詞

発売日 2011年09月28日
作詞 マオ
作曲 御恵明希

いつもより少し 浅くかぶったハット すり抜ける陽射し
広がった視界 ターコイズが オレンジ 頬を染めて

シーズンオフの静けさ「またね」
名残り惜しむ こみこみで 思い出

夕食までにと急かされた あの頃の気持ちと 似ていて
誰を恨む訳じゃないけど 毎年 どこか慣れなくて
秋風が包む 遠い声 美化された 君の焼けた肌
短すぎた灼熱の後 心地よく 微熱

街は忙しく 取り戻そうと 次の長期まで 走る
ここ特有の 頑張りすぎ それがまた良さであり

一周かけて 煮込んだシチュー
一口目は 四季の美しき味

ちょっと前の僕なら きっと 戻りたいと駄々をこねては
噛みしめる余裕とかなくて 足跡 流されるのが嫌で
放課後に こだまするチャイムを 追いかけて 大人になってた
それはそれで 楽しめてるかな いつかの夢

大きなテーマに沿って 書きなぐってみた このノート
収拾がつかないほど 可能性で溢れてる

夕食までにと急かされた あの頃の気持ちと 似ていて
誰を恨む訳じゃないけど 毎年 どこか慣れなくて
秋風が包む 遠い声 美化された 君の焼けた肌
短すぎた灼熱の後

ちょっと前の僕なら きっと 戻りたいと駄々をこねては
噛みしめる余裕とかなくて 足跡 流されるのが嫌で
放課後に こだまするチャイムを 追いかけて 大人になってた
それはそれで 楽しめてるかな いつかの夢

情報提供元うたまっぷ.com

シドの新着歌詞

タイトル 歌い出し
  • ラバーソール
  • なんかこう 弾けるような 震えるような
  • いちばん好きな場所
  • やぶれた夢の 続きが見れる 街の真ん中で
  • VOICE
  • このままどこまでいけるだろう
  • その未来へ
  • 小さな瞳に 映った世界
  • ASH
  • 雨の雫みたい 迷いながら 落ちていく

歌詞をもっと見る

この芸能人のトップへ