アニメ&ゲーム カテゴリ

ふたりの場所の歌詞

ふたりの場所

発売日 2004年11月03日
作詞 片霧烈火
作曲 たくまる

果てしなく続く青空を見上げていた
何も映すことないとても虚ろな色
それなのに何故だか輝いて見えるのは
きっと君がそばで笑ってくれるから

いつまでもずっとひとつでいられる
小さい大事な願いを
風に託して届けに行こう

気高く 白く輝いて 雲を駆け抜けるよ
悲しい痛みのいらなくなるところまで
そしていつかこの長い長い時を超えて
誰も知らない二人の場所を見つけよう

白くて柔らかい翼をはためかせよう
信じればどこへでも飛んでいけるんだから

怖がることなんてなんにもないよ
小さな大事な願いは
ぼくが必ず叶えてあげる

孤独と脆さと優しさで編み上げられてる
折れそうな身体をずっと抱きしめていた
やがて氷のように冷たいその右手は
ぼくらの白い鳥を解き放してゆく

繋いだ手を離さずにそのままいてほしいと
心の底から思いつづけているんだ
そしていつかこの長い長い時を超えて
誰も知らない二人の場所へ還ろう

情報提供元うたまっぷ.com

片霧烈火の新着歌詞

タイトル 歌い出し
  • 真命ノ仁義 ソニー・コンピュータエンタテインメント社ゲーム「三極姫〜三国乱世・覇天の采配〜」オープニング・テーマ
  • 叫ぶ誓いの声 堅き剣と成り
  • アルカディア・パレード 戯画社ゲーム「姫さまっ、お手やわらかに!」オープニング・テーマ
  • 常夏に惑わされ いざ行かんっ!
  • そばにいる
  • 茜色染まってく 切ない雲間に
  • 深霧の楽園
  • 空の明かるまぬ 深霧の楽園へ
  • 泣殻
  • 殻の声冷めつき

歌詞をもっと見る

この芸能人のトップへ