アニメ&ゲーム カテゴリ

廃墟の記憶の歌詞

廃墟の記憶

ダウンロード

発売日 2018年12月05日
作詞 Masafumi Gotoh
作曲 Atsushi Horie

記憶と呼ぶには妙にぼやけた声が
表通りを抜けて彼の耳に届いた

遠い昔に忘れ去られたことが
立ち現れるだろう
そして立ち去るのだろう

子供たちが解き忘れた自由や
君とよく似た顔や
プラスチックの自動車
大人たちが手放した理由や
ゴミ溜めに咲く花を蹴散らして歩く衛兵

照準を背中に合わすマシンガン
手を休めればたちまち蜂の巣さ
書類の改竄に勤しむ自警団
世界の終わりが酒場で待ってるぜ

愛と呼ぶには少し足りない言葉
読み返した部屋に音の速度で響いた

近い未来に忘れ去られることが
立ち現れるだろう
そして立ち去るのだろう

若者たちが掴み損ねた理想や
君の名前の墓標や
足の途絶えた参列者
恋人たちが語り忘れた希望や
手向けられた祈りを蹴散らして歩く亡霊たち

照準を背中に合わすマシンガン
手を休めればたちまち蜂の巣さ
書類の改竄に勤しむ自警団
世界の終わりが酒場で待ってるぜ
そうだろう?

君は残って
ここに残って後を担うのか
それとも足を引きずりながら
先を急ぐのか
長いばかりで中身のない話をしながら
最果ての街で裸になって生きて行くのか

記憶と呼ぶには妙にぼやけた声が
表通りを抜けて彼の耳に届いた

遠い昔に忘れ去られたことが
立ち現れるだろう
そして立ち去って行くのだろう

※Additional Musicians/Vocals and Keyboards:Atsushi Horie(STRAIGHTENER)

情報提供元うたまっぷ.com

ASIAN KUNG-FU GENERATIONの新着歌詞

タイトル 歌い出し
  • Dororo MXTV他アニメ「どろろ」オープニング・テーマ
  • この世界を裏切って
  • イエロー
  • 街の不条理を知って受け流すイエロー
  • ダンシングガール
  • 靴底 すり減って
  • クロックワーク
  • 朝方に彼とバス停のベンチで
  • さようならソルジャー
  • さようならソルジャー

歌詞をもっと見る

この芸能人のトップへ