★★★★★★★の歌詞

★★★★★★★

発売日 1992年01月22日
作詞 KENICHI ASAI
作曲 KENICHI ASAI

足の震えが止まらない こんな夜には
口じゃとても無理さ 今を説明するなんて
だから ★★★やるのさ 美しく
冷たく光るKnifeをくれてやるぜ

腐った奴を正しい奴が 引き裂いてやるのはいい事なんだろう
神様だってそうするはずさ 神様だってそうするはずさ

後の事も先の事も 見失うほど
俺の心を踏み躙る奴が 今 目の前で
だから ポケットからKnifeを取り出して
地獄の底へと突き落としてやるのさ

腐った奴を正しい奴が 引き裂いてやるのはいい事なんだろう
神様だってそうするはずさ 神様だってそうするはずさ

僕の両肩に舞い降りてきた黒い星は そのまま張り付いたままで
悪魔に心を売ったわけじゃないのに いくら擦ったって取れやしないんだ

何が正しくて 何が悪いかなんて この世の中には存在しないはずなのに
僕の両肩の黒い星がそのまま いくら擦ったって取れやしないんだ

情報提供元うたまっぷ.com

THE BLANKEY JET CITYの新着歌詞

タイトル 歌い出し
  • 3104丁目のDANCE HALLに足を向けろ
  • このままいったら 当然頭がおかしくなるだろう
  • SATURDAY NIGHT
  • Saturday night おまえを乗せてる
  • 不良の森
  • 静かな森の奥を突きぬける朝の光
  • 動物実験撲滅ソング
  • CHINESE RESTAURANTでウッドベースかき鳴らすTERRY ショーが終わって
  • COME ON
  • 彼女は今とりこんでいる とても分厚い恋の悩みに

歌詞をもっと見る

この芸能人のトップへ