• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • eltha(エルザ)

茅蜩の歌詞

発売日 2018年07月04日
作詞 さだまさし
作曲 さだまさし

君が剥く梨(ありのみ)の香りの記憶
二十世紀は遠ざかりゆく
茅蜩(ヒグラシ)のかなかなかなと去りゆけば
山の端に宵の明星
忘れ色に舞う姫蛍
桜の散るように
一つ消え二つ灯してまた消えて
誰もいなくなった
音もせで思ひに燃ゆる蛍こそ
鳴く虫よりもあはれなり

夕去ればいつの間にやら
季節も恋も遠ざかりゆく
暗幕を果物ナイフで裂く如く
街の背に白い三日月
胸の煙は消えもせず
恋の名前を呼ぶ
一つ消し二つ灯してまた消して
君を数えた
己が火を木々に蛍や花の宿
二十世紀は遠ざかりゆく

茅蜩のかなかなかなと去りゆけば

情報提供元うたまっぷ.com

さだまさしの新着歌詞

タイトル 歌い出し
  • パスワード シンドローム
  • パスワード シンドローム パスワード シンドローム
  • おんまつり
  • あなたの指の冷たさは確かに僕のせいだろう
  • Reborn 〜嘘つき〜
  • 置き去りにした夢と
  • きみのとなりに
  • たとえば青信号を渡る少年が
  • 都会暮らしの小さな恋に与える狂詩曲
  • 都会の静寂に遠く

歌詞をもっと見る

この芸能人のトップへ