• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム

太陽と月の歌詞

太陽と月

作詞 酒井ミキオ
作曲 酒井ミキオ

ねえ…変わってく 生きてゆく意味が
もっと ふたりが分かり合うほどに…
そっと 胸の奥 染みる体温は
明日を夢見る力をくれた

時に太陽 時に月の光のように
お互いの心 照らせたら

隣にいてほしい 凍える風の日も
流した心の涙 優しく拭うから
言葉ならいらない 指と指伝わる
ありのままの感情を 抱きしめられたらいい

ノックし続ける"はじめて"のドアを
そっと開けてほしい 鍵はないから
遠い昔から知ってたようだね
あなたの声 その微笑みが好き

空にほら 冬の蝶々が舞い降りて
哀しみすべて 埋めるから

儚さはいつでも ふたりを分かつけど
今生きる愛の温度で 溶けては消えてゆく
果てしない明日へと ふたりで進みたい
永遠を願いながら その最後の場所まで

隣にいてほしい 凍える風の日も
流した心の涙 優しく拭うから
言葉ならいらない 指と指伝わる
ありのままの感情を 抱きしめられたらいい

情報提供元うたまっぷ.com

上戸彩の新着歌詞

タイトル 歌い出し
  • 君が笑うと世界が笑う
  • そばにいるよ いつもいるよ
  • 心ぽかぽか
  • ねぇねぇ 聞いてよ 今日もこんなこと あんなことあったよ
  • Honey
  • 忘れそうな約束を 頭のすみっこに
  • 私の太陽
  • 「ありがとう」って私が言いたいのに
  • 右胸のフェアリー
  • ねじれたネクタイ直さず 走ってるキミ

歌詞をもっと見る

この芸能人のトップへ