• ORICON MUSIC
  • アニメ&ゲーム

ハナガサイタの歌詞

ハナガサイタ

発売日 2018年06月06日
作詞 AIKO
作曲 AIKO

君がスニーカー履くと必ず雨が降るね 濡れるのが嫌だといつもより長居した部屋
今日も2つ3つ 知らない君教えてよ 僕は見えない気持ちを言葉で繰り返すよ

外の空気が変わった
冷たい息を体に詰め込んで

いつも考えてること
もう少し君が僕に近づいてグッときたら
僕は君を抱きしめ離さない
君の鼻歌の中に僕の溶け出す様子が
どうかメロディーに乗ってやってきてくれますように
何度聞いてもまた明日君の声が欲しくなる

重いとか軽いとか僕にはもうわからない
ちょっと溢れそうでスカして過ごしたこの部屋
重いキス軽いキスそれはどちらも愛おしい
硬い唇柔らかくなるまで繰り返すよ

いつかの花が咲いた香るのは君からか花びらか

空が起き上がる前にこの曲が終わる前に
鍵をポケットに入れて帰らないとって何回目だよ
ドアを開けたら香りがどこか飛んでってしまう
だからいつまでたっても僕は君の手を離せないまま
眩しい光りに透けてる君をずっと見ていたい

いつも考えてること
もう少し君が僕に近づいてグッときたら
僕は君を抱きしめ離さない
君の鼻歌の中に僕の溶け出す様子が
どうかメロディーに乗ってやってきてくれますように
何度聞いてもまた明日君の声が欲しくなる

情報提供元うたまっぷ.com

aikoの新着歌詞

タイトル 歌い出し
  • 愛は勝手
  • 何も受け入れないほうが悲しくないし良いと思っていた
  • うん。
  • ある日突然遠くに行った そんな気がして寂しくなった
  • 夜空綺麗
  • 冷たい風が耳をつまんだらそっとぎゅっと抱きしめてよ
  • 格好いいな
  • 氷の世界 少し前までは暖かった あたしの気持ちだけ鏡はバラバラに映した
  • あたしのせい
  • 4番目のピアスが床に落ちていた

歌詞をもっと見る

この芸能人のトップへ