アニメ&ゲーム カテゴリ

Jumpin’ Jack Boyの歌詞

Jumpin’ Jack Boy

作詞 上杉昇
作曲 栗林誠一郎

真夜中 サビた 香り
感じて 見下ろした街は
まるで宝石のように

君への ただやるせない 想いを
照らしては 揺れる この心 壊しそうなくらい

どうかしてるね その笑顔だけが
また ため息に 変わる

I'm Just a Jumpin' Jack Boy?
ねぇ そのまま イかせて
身も心も キミだけを求め
いつも Crying Crying
もう 胸がはちきれそう
そのすべてに 触れてみたい

勝手にこの恋を 夢見て
うわついていたけれど その言葉で目が覚めた

"そうね 嫌いじゃないけれど"なんて
ちょっと 笑えない 答えだ

I'm Just a Jumpin' Jack Boy?
あぁ 誰も 止められない
グラついてる 君への思いは
まるで Crazy Crazy
もう とても 耐え切れない
そのすべてを 重ねてたい

I'm Just a Jumpin' Jack Boy?
ねぇ そのまま イかせて
身も心も キミだけを求め
いつも Crying Crying
もう 胸がはちきれそう
そのすべてに 触れてみたい

そのすべてに 触れてみたい

情報提供元うたまっぷ.com

WANDSの新着歌詞

タイトル 歌い出し
  • 世界中の誰よりきっと 〜Album Version〜
  • まぶしい季節が 黄金(きん)色に街を染めて
  • 「今日、ナニカノハズミデ 生きている」
  • 何もない海岸で
  • Please tell me Jesus
  • ヨロシクないウワサ聞く度に
  • 雲が流れる方へ
  • 「本当の自分」を見つけてるつもりで
  • Time washed away
  • ただ懐かしくて君とよく来た街を

歌詞をもっと見る

この芸能人のトップへ