• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • eltha(エルザ)

初恋列車の歌詞

初恋列車

作詞 里村龍一
作曲 北野明

終着駅の 青森で
北行く船に 乗りかえりゃ
しぶきがくれの 海峡に
灯り見えます 函館の
何処にあの娘は いるのやら
夜行列車で 来たんだよ
霧がかくした 初恋を
想いだしたらヨー 逢いたくて

かもめが鳴いて 翔ぶ声が
淋しく沁みる みなと町
噂たずねて 苫小牧
ひとめ逢うまで 帰れよか
何処にあの娘は いるのやら
今日も岬に 陽が落ちる
泣いて別れた 初恋を
今じゃあの娘はヨー 忘れたか

漁火ゆれる 海沿いを
面影抱いて ゆくんだよ
釧路 室蘭 行く旅は
きっと明日も また続く
何処にあの娘は いるのやら
夜行列車が 仮の宿
胸にせつない 初恋が
北の果てまでヨー 呼ぶんだよ

情報提供元うたまっぷ.com

氷川きよしの新着歌詞

タイトル 歌い出し
  • 離れていても そばにいてくれる
  • いつか会えますように
  • 懐かしい風に
  • 東京ヨイトコ音頭2020
  • 未来(あす)を信じて いるならば
  • おもいで酒場
  • 雨に濡らした 裾端折(すそはしょ)り
  • 母恋しぐれ笠
  • 片手拝みで 故郷をすてた

歌詞をもっと見る

この芸能人のトップへ