• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • eltha(エルザ)

Tenderlyの歌詞

発売日 1988年04月21日
作詞 竹花いち子
作曲 徳永英明

ベッドから 眺める星が
こんなに たよりないなんて
あなたの髪に落ちる
僕の汗に くらべたら
色あせて ただ 揺れるだけ

寂しさが訪れて 無口な夜も
詩人になれそうだよ あなたを抱きしめて

ほほえむ瞳よりも 優しいものは
この世でただひとつさ あなたの寝顔

プラトニックに 愛しあう
二人じゃなくて よかったね
あなたの肌をすべる
そよ風になれないなら
この胸は もう 壊れてる

「抱きしめて欲しかった」そんなつぶやき
涙になりそうだよ もいちど 言われたら

朝の光こぼれて 夢から醒めて
この世でただひとつの 愛は消えない

唇がじゃまをして 囁きが止切れる
少しだけ恋は 焦れるような素振りしたけど

寂しさが訪れて 無口な夜も
詩人になれそうだよ La La La…………

「抱きしめて欲しかった」そんなつぶやき
涙になりそうだよ La La La…………

情報提供元うたまっぷ.com

徳永英明の新着歌詞

タイトル 歌い出し
  • 陽炎
  • あなた遠くへ逝ったのは
  • あなただけにしか素顔は見せない
  • 約束し合った約束なんて
  • ずっと変わらないもの
  • 風が吹くよ
  • 無言の力
  • 泣き疲れてたその黄昏に
  • 置手紙
  • あなたがいないと分かっているのに

歌詞をもっと見る

この芸能人のトップへ