• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム

せめてもう一度の歌詞

せめてもう一度

ダウンロード

発売日 2019年04月24日
作詞 岡田冨美子
作曲 幸耕平

紅を落とした このくちびるが
乾いた思い出 追いかける
好きと嫌いを かきまわしたら
涙があふれて 止まらない

触れたら負けね
積木の愛は
崩れ落ちて行くのね
あなたがくれた春が行く
きれいに咲いた夢が散る
あの日に帰れなくていい
せめて せめて
別れ話を もう一度

意地をはっても 渦を巻くのが
眠れぬ夜ふけの 未練です
棄てるつもりで しまっておいた
指輪をころがし 戯(たわむ)れる
一緒に暮らして
初めて知った
女だったの私
今年の冬は 寒そうね
マフラー編み始めるわね
あなたを困らせないから
せめて せめて
逢ってほしいの もう一度

触れたら負けね
積木の愛は
崩れ落ちて行くのね
あなたがくれた春が行く
きれいに咲いた夢が散る
あの日に帰れなくていい
せめて せめて
別れ話を もう一度

情報提供元うたまっぷ.com

大月みやこの新着歌詞

タイトル 歌い出し
  • 港の見える部屋
  • 部屋の小さな陽だまりで
  • 雨の船宿
  • 寒くないかと 背中から
  • 海鳴りの駅
  • 心のほころび 縫うように
  • 酒場の角で
  • 上手くないけど聞いて 好きな歌がある
  • 母なる海よ
  • 此処で生まれし者は皆

歌詞をもっと見る

この芸能人のトップへ