アニメ&ゲーム カテゴリ

No time to fallの歌詞

No time to fall

作詞 小松未歩
作曲 小松未歩

どんなに望んだって 叶わないことがある
届かぬ想い
こんなに苦しいなら いっそ殺して ねぇ

独りで街を歩き 独りで涙流し
結論づけた
つなぎ止めておくほど 愛してなかったと

そのうち良い事ならあるさって
慰めにならないこと言われるのが何より虚しくて

毎日どんな暮らしをして生きてるの
知ることの出来ない世界を覗き込みたくて
『感謝してる』って 上辺を繕う
冷えきった言葉は聞きたくない

同じ事くり返し また日々は続いてく
無気力過ぎる
失くしたものが何かもわからなくなるほど

乗り切るべき変化が訪れたら
別人に生まれ変わった姿をあなたに見せつける

だってこんなに愛していたんだよ
心を締めつけ続けたんだ でも悪いのは
チャンスをきっと物に出来なかった
不甲斐ない自分の所為と知ってるけど

頭はあなたのことで 渦巻き
すっかりくたびれ果ててしまったわ 身体を横たえて

こんな時でも 人間って変ね
お腹も減るし笑ったり出来るもんなんだな
去って行くには理由があるんだって 分かったから
もう追いのは止めよう

情報提供元うたまっぷ.com

小松未歩の新着歌詞

タイトル 歌い出し
  • 愛してる...
  • 華やぐ街に とつぜん雪が降る
  • はるのきおく
  • もうここで...
  • 神様はジッと見てる
  • 神様はきっと
  • 不機嫌になる私
  • 「せぇ~の」で後ろ向いたら
  • アナタノ手
  • 最後に見せた笑顔が

歌詞をもっと見る

この芸能人のトップへ