アニメ&ゲーム カテゴリ

虹の歌詞

発売日 2006年10月04日
作詞 奥井雅美
作曲 崎谷健次郎

雨上がりの道 背伸びした小さな花が
空き地の片隅 精一杯に咲く 濡れた花びら宝石

生きる辛さを思い知る瞬間-とき-
絶望に夢は砕かれる
その花は語った 包み込むように

雨が降ったら 乾いた声潤して歌をうたおう
痛みを知った誰もが 心の空で虹を翔るような
笑顔を見せて…

重い灰色の雲の上に広がってる
真っ青な空はどんな時だって 変わらないで待ってるよ

哀しみの果て 辿り着く場所
幸せの種は待っている
太陽に向かって ただひたすらに

嵐が来たら 流れる風に揺られて身をまかせよう
涙の跡が消えたら 心の空に虹を描き始めて
七色の夢…

雲の晴れ間から少しだけ覗く青空を信じる 嵐の軌跡

雨が降っても 世界はあの花のように輝く宝石
顔をあげれば 東の空に大きな虹が架かっていた
明日は晴れる…

情報提供元うたまっぷ.com

奥井雅美の新着歌詞

タイトル 歌い出し
  • creation L
  • 東の空 妖しい風に乗り黒い雲が流れる
  • ダンデライオン
  • 夕焼けに小さくなる くせのある歩き方
  • Prince&Princess
  • 迷い込んでしまった森でいつの間にか眠っていたみたい
  • 天使の悪戯〜happy ending〜
  • 「寂しくない」と…
  • カーテンコール
  • Now Let's dance and sing it これが It's my life stage

歌詞をもっと見る

この芸能人のトップへ