アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • プレスリリース
  • ドタバタ育児に思わず共感? 子育ての愛おしい時間を描いた絵本『ぞうのヘンリエッタさ...

ドタバタ育児に思わず共感? 子育ての愛おしい時間を描いた絵本『ぞうのヘンリエッタさん』発売!

株式会社 岩崎書店

株式会社岩崎書店(代表取締役:岩崎弘明、本社:東京都文京区)は、アメリカで人気上昇中の作家リズ・ウォンの新作絵本『ぞうのヘンリエッタさん』を、2019年4月9日に発売しました。




◆ストーリー
「ぞう」なのに突然「がちょう」のひなを育てることになったヘンリエッタさんのお話




ぞうのヘンリエッタさんは、しずかなくらしが好きでした。
ある日、だいすきな湖の水の中にもぐったときのこと。
うっかり、がちょうの巣に頭をぶつけてしまいます。


頭の上に落ちてきたがちょうの卵に気づかず、うちへ帰ったヘンリエッタさん。
おおきなたんこぶだと思い、ほうたいを巻いていましたが、
なんと、しばらくするとがちょうのひながかえったのです!




突然、がちょうを育てることになったヘンリエッタさん。
しずかなくらしはがらりと変わりますが…。

◆子育てのドタバタ、体当たりの育児にご注目
子育てが始まったその日から、これまでの生活が一変すること、よ〜くわかりますよね。
ヘンリエッタさんが、特別大切にしていた朝の時間も、
紅茶はパシャパシャと飛び散り、新聞はびりびりとやぶかれて…。
ヘンリエッタさんは、子育てにすっかり疲れはててしまいますが、
ひなが大きくなるにつれ、がちょうの生活を教えてあげようと、体当たりで育児に挑むことに。
知恵をしぼった驚きの変身、癒し効果抜群のヘンリエッタさんのイラストにご注目ください。

◆子育ての後に訪れた愛おしい時間 各世代が共感できる絵本!
ドタバタの子育てのあと、ようやく訪れたしずけさ。
あんなに待ちこがれたひとりの時間でしたが、つのるのはさびしさばかり。
そんなヘンリエッタさんの前にあらわれたのは、なんと……!

「子育て」って、大変だけど、楽しい。
そう思わせてくれる、親と子どもが一緒にすごす愛おしい時間を描いた絵本。
子育て真っ最中の人、子育てを卒業した人はもちろん、お子さん、独身、各世代におすすめの絵本です。


◆書籍情報
書名:『ぞうのヘンリエッタさん』

作者:リズ・ウォン 作・絵/石津ちひろ 訳
定価:本体1,400円+税
判型:A4変型判/34頁/ハードカバー
ISBN:978-4-265-85149-2
対象年齢:3、4歳〜一般
発売日:2019年4月9日
◎岩崎書店HP https://bit.ly/2ZckeKR
◎Amazon https://amzn.to/2GjwOzj

◆作者紹介
作・絵:リズ・ウォン

アメリカ合衆国ハワイ州ホノルル市生まれ。お絵かきとマンゴーの木に登るのが好きな少女時代を過ごす。小学生の時、学校で開かれたポスターコンクールで優勝したことをきっかけに、画家を志すようになる。デビュー作の絵本“Quackers”は、全米の読書キャンペーンJumpstart Read for the Record 2017年の1冊に選ばれ、約200万人に読まれた。現在、夫、息子とともにワシントン州エドモンズ在住。

訳:石津ちひろ(いしづ・ちひろ)
1953年愛媛県に生まれる。早稲田大学文学部仏文科卒業。フランス滞在の後、絵本作家、翻訳家、詩人として活躍。『なぞなぞのたび』(フレーベル館) でボローニャ児童図書展絵本賞、『あしたうちにねこがくるの』(講談社)で日本絵本賞、『あしたのあたしはあたらしいあたし』(理論社) で三越左千夫少年詩賞。絵本作品に『わたしのひみつ』(童心社)など、訳書に「リサとガスパール」シリーズ(ブロンズ新社)など、詩集に 『ほんとうのじぶん』(理論社)など多数。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

提供元:PRTimes

オリコントピックス