AKB48グループからも初参加!内容満載のステージ

 そして今年のTIFの目玉が、AKB48グループから初参加のSKE48。松井珠理奈、高柳明音、大矢真那ら16人で臨み、「オキドキ」から持ち前のエネルギッシュなパフォーマンスを全開させた。1人ひとりが激しく動きながら、全体ではきれいに統制が取れたフォーメーション。ステージのあちこちに花が次々と咲くよう。MCでは「SKEは顔面が崩れても踊り続けます」(阿比留李帆)、「踊り過ぎて客席にマイクを飛ばすこともあります」(石田安奈)といった話も。

 ユニットコーナーでは、珠理奈+大矢+木下有希子による「思い出以上」でクールかつ激しくダンス。高柳+山下ゆかり+原望奈美の「ウィンブルドンへ連れて行って」は思いきり可愛らしく。後半は再び「アイシテラブル!」などヒットチューンを連発した。汗が飛び散るような彼女たちの姿に今の勢いが出て、明るさでいっぱいだった。

 続いては9nine(ナイン)のステージ。若手トップ級女優の川島海荷がいるグループと認識されることが多いが、今年はシングル、アルバムとTOP10入りし、音楽的な充実が目覚ましい。この日も青春ソング「流星のくちづけ」から、吉井香奈恵の柔らかいボーカル、村田寛奈のキレ味鋭いダンスが光る。テクノ系の「困惑コンフューズ」、しっとり系の「モノクロ」など、どの曲を聴いていても心地いい。さわやかな青春の風が吹いてくるようだ。

 ここでHOT STAGEをいったん出て、野外のSMILE GARDENへ。5月にメジャーデビューした私立恵比寿中学の出番を前に、ファンでごった返していた。チェックの衣裳で現れた9人は、いきなり新曲「新・青春そのもの」を初披露。レトロな歌謡曲風で、昭和の青春ドラマ的な世界。エビ中は何が飛び出すか分からないのが面白い。続いても、ホラータッチの「オーマイゴースト?〜わたしが悪霊になっても〜」、メタルナンバー「放課後ゲタ箱ロッケンロールMX」、ラテン調の「揚げろ!エビフライ」と、カオスなステージを展開した。

 <♪揚げ揚げ揚げ揚げ揚げ揚げろ〜>とエビフライを揚げるだけの歌も、メンバーたちがタオルを回しながら全力で歌うのを観ていると、無条件に楽しくなる。ライブ途中で19時を過ぎ、スタート時点ではまだ明るかったのが、気づくとすっかり真っ暗に。そんななか、ラストは未発表曲「フレ!フレ!サイリウム」。<♪大きなステージで踊る先輩たち 私もいつかあの場所に立つの>と、彼女たちの心情に重なる歌で感動的に締めた。ちなみに、この日は3年前にエビ中が結成された記念日だった。

 HOT STAGEに戻ると、歌っていたのは長身の2人組バニラビーンズ。“北欧の風に乗ってやって来た”がコンセプトで、「エルスカディ」などを優雅にゆったり歌う。シンメトリックな振りも独特。TIFではお姉さん格で、自分たちのライブ以外に、2人別々にMCなどで朝から各会場で引っ張りだこ。ほかのアイドルとのコラボにも参加し、「いつもあまり踊らないから、ジャンプすると腰と膝がガクガク」などと話していた。

 秋葉原のLIVE&BAR『ディアステージ』が拠点のでんぱ組.inc(デンパグミインク)は、3年連続参加でメインステージは初。姿を現すや、床に寝て「でんぱれーどJAPAN」でスタート。相撲の四股や正座してのお辞儀を入れた振り。早口で放り投げるような歌。初めての人にもインパクト大、というか「何じゃこりゃ!?」の世界。ほかの曲も、振りのなかで“だるまさんがころんだ”をしたりと芝居的。歌声はみんなキンキン。ビースティボーイズの「Sabotage」を大胆にカバーしたりも。“萌えキュンソングを世界にお届け!”がキャッチフレーズで、ほかのアイドルと醸し出す“匂い”が少し違う。よりアキバ的というか、グループ名通り電波的というか。クセになる中毒性が高い。

 初日のHOT STAGEのトリを飾ったのは風男塾。唯一の“男性”グループとして黒づくめのスーツ姿で現れ、本気の男前路線で攻める。「風一揆」、「夢幻のプロキオン」とヘッドセットでの振りは迫力十分で、シビれるほどの男らしさを発散。一方、最新シングル「雨ときどき晴れのち虹」はさわやかに歌い上げ、聴かせどころを抑えた。「盛り上がって終わりましょう!」と、ラストの「いい男」ではジャンプもキメた。

 この後も、湾岸スタジオ内のFANTASTIC THEATERで、アイドリング!!!の河村唯がゲストを招く“アイドルが集まる店 スナックうめ子”を開店。本物の酒を出してのトークライブで、同じアイドリング!!!の酒井瞳は本気で酔っていた様子。あやまんJAPANらが参加した『IDOL CLUB NIGHT』も深夜3時過ぎまで続いていた。

(文:斉藤貴志)