アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 映画
  • 中谷美紀「女優という職業の意味がようやくわかった」

中谷美紀「女優という職業の意味がようやくわかった」

作家・有川浩のベストセラー小説を映画化した『阪急電車 片道15分の奇跡』(三宅喜重監督)の製作報告会見が22日、都内のホテルで行われた。主演の女優・中谷美紀は後輩に恋人を寝取られるOL・翔子役を演じ、復讐のために純白のドレスで結婚式に乗り込む。「そうやって日常生活の中できないことを代わりにするのが私の仕事だと初めて思いました」といい、「女優という職業の意味がようやくわかった」と新境地に至った思いを打ち明けた。

同作は、兵庫県の宝塚〜西宮北口間を片道15分で走...

この記事の画像

  • 映画『阪急電車 片道15分の奇跡』の製作報告会見に出席した中谷美紀 
  • 映画『阪急電車 片道15分の奇跡』の製作報告会見に出席した戸田恵梨香 
  • 映画『阪急電車 片道15分の奇跡』の製作報告会見に出席した(左から)三宅喜重監督、南果歩、戸田恵梨香、中谷美紀、宮本信子、芦田愛菜 
  • 映画『阪急電車 片道15分の奇跡』の製作報告会見に出席した南果歩 
  • 映画『阪急電車 片道15分の奇跡』の製作報告会見に出席した芦田愛菜 
  • 映画『阪急電車 片道15分の奇跡』の製作報告会見に出席した宮本信子 
  • 映画『阪急電車 片道15分の奇跡』の製作報告会見に出席した映画『阪急電車 片道15分の奇跡』の製作報告会見に出席した三宅喜重監督監督 

オリコントピックス