ドラマ&映画 カテゴリ

ロッテルダム映画祭で脚光 性同一障害の日本人アーティスト・ピュ〜ぴる

 6日までオランダで開催の『第40回ロッテルダム国際映画祭』に出品された日本のドキュメンタリー映画『ピュ〜ぴる』(松永大司監督、3月26日公開)が、現地で話題になっている。同作は、コンテンポラリーアーティスト“ピュ〜ぴる”が、性同一障害を乗り越え、“彼”から“彼女”へ変わっていく8年間を記録したドキュメンタリー。700本以上の上映作品の中から一般の観客が選ぶ観客賞ベスト10の9位にランキングされたほか、映画祭の機関誌『DAIRY TIGER』の表紙を飾るなど、ちょっとしたブームを巻き起こしている。

 男性として生を受けた“ピュ〜ぴる”。成長とともに自分の体に違和感を覚え、自ら制作した奇抜なコスチュームを身にまといクラブ通いすることで、その違和感を解消していた。やがてそのコスチュームが注目を集め、アーティストとして作品を発表するようになる。パフォーマーとして横浜トリエンナーレに参加したり、米ニューヨークのカルチャー誌『ペーパー・マガジン』やイタリア版『VOGUE』に作品が掲載されたり、オランダのボイマンス・ファン・ベーニンゲン美術館には作品が展示されている。

 そんな彼(彼女)にカメラを向けたのは、長年の友人でもある松永監督。性同一性障害として家族との対峙、どうにもならない恋、去勢手術、失恋、そしてアーティストとして成長していく姿を撮り続けた。映画『ウォーターボーイズ』に俳優として出演した経歴を持つも、海外に出ればまったく無名の監督だが、被写体との適度な距離感を保ちロッテルダムの観客の共感を引き出すことに成功した。同映画祭の関係者も「この作品が素晴らしいことは疑いのないこと。ドキュメンタリー映画であるこの作品が、これほどまでに観客賞のランキング上位に挙ることは非常に驚き」とコメントしている。

 「ここまで反響があるとは思わなかった」という松永監督は、「この映画を通じて伝えたいころは、国が違っても伝わるんだと思った。日本でも多くの人に観てもらえるよう頑張りたい」と意気込んだ。

【動画】新作続々!映画予告編⇒


◆映画情報 最新映画ニュース一覧インタビュー バックナンバー

関連写真

  • 作品からとび出した美貌のアーティスト“ピュ〜ぴる” 
  • 花に囲まれて (C)Photo by Masayuki Yoshinaga (C)2011『ピュ〜ぴる』製作委員会 
タグ

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索