ドラマ&映画 カテゴリ

ロッテルダム映画祭で脚光 性同一障害の日本人アーティスト・ピュ〜ぴる

6日までオランダで開催の『第40回ロッテルダム国際映画祭』に出品された日本のドキュメンタリー映画『ピュ〜ぴる』(松永大司監督、3月26日公開)が、現地で話題になっている。同作は、コンテンポラリーアーティスト“ピュ〜ぴる”が、性同一障害を乗り越え、“彼”から“彼女”へ変わっていく8年間を記録したドキュメンタリー。700本以上の上映作品の中から一般の観客が選ぶ観客賞ベスト10の9位にランキングされたほか、映画祭の機関誌『DAIRY TIGER』の表紙を飾るなど、ちょっとしたブームを巻き起こしている。

男性として生を受けた“ピュ〜ぴる”。成長とともに自分の体に違和感を覚え、自ら制作した奇抜なコスチュー...

この記事の画像

  • 作品からとび出した美貌のアーティスト“ピュ〜ぴる” 
  • 花に囲まれて (C)Photo by Masayuki Yoshinaga (C)2011『ピュ〜ぴる』製作委員会 
タグ

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索